京成杯オータムハンデ
プロディガルサン

 なかなか勝ち味に遅いものの、過去には重賞での好走歴や、強豪との接戦歴もあるプロディガルサン(牡6、国枝)。今年好調・三浦皇成との新コンビで、惜敗続きに終止符を打てるか。

【京成杯AH】ロードクエストが実績のある舞台で復活を狙う

国枝師「中山は歓迎」

 国枝調教師は「前走はもう少し走ってほしかったけど、精神的に安定しない面がある馬だからね。中間は放牧を挟んでここ目標の仕上げ。いい感じできていますよ。ゴール前でソラを使うので、直線の短い中山は歓迎。最後までしっかり走ってくれれば」と話した。