「野球をやっていると、色々な人と出会える。」

この春、大学日本一に輝いた明治大学野球部・森下暢仁。進学を決めた理由には、恩師である善波達也監督や仲間たちの存在があった。主将に就任し、プレーだけでなく視野も大きく成長した今季。大学球界の至宝の投球と“集大成”に向けた意気込み、その輝きを記録する。