<写真・記念撮影をする選手たち>

    9月6日、兵庫県ベイコム総合体育館にて2019年度関西学生卓球秋季リーグ戦最終日が行われた。男子は立命大、女子は神松蔭大と対戦した。

   男子は1番手の楊(経2)が敗れたが、2番手の高橋(商4)が3-1で相手を圧倒。続く3番手の萩原(商2)も勝利し、チームを勢いづけた。だが、ダブルスでは高橋・廣田雅(経4)ペアがセットオールに及ぶ接戦をものにできず。スコアは2-2の同点となった。5番手の大西尚(商3)がストレート勝ちを収めるも6番手の廣田雅(経4)が0-3で完敗。勝負の行方はラストの重村(経1)に託された。重村が力強いプレーで白星をもぎ取り、チームは4-3で立命大に勝利。2位で秋季リーグ戦を終えた。

   一方、女子は神松蔭大と対戦。1番手の宮脇(国4)が接戦を落としたが、2番手の村田(文1)が勝利し、追いついた。3番手の光根(法2)が敗れ、勝ち越させるもダブルスで白星を挙げ、2-2の同点に。6番手の竹田(国2)が先に勝利し、王手をかけたが、5番手の秋山(教2)が敗れ、再び同点に。最後は勝負を託された小脇(社3)が気迫のこもったプレーで勝利し、史上初の全勝で春秋連覇を決めた。

試合結果 

男子団体 対立命大☆4-3

1楊★1-3

2高橋☆3-1

3萩原☆3-1

4高橋・廣田雅★2-3

5大西尚☆3-0

6廣田雅★0-3

7重村☆3-1

女子団体 対神松蔭大☆4-3

1宮脇★2-3

2村田☆3-2

3光根★0-3

4小脇・村田☆3-1

5秋山★2-3

6竹田☆3-1

7小脇☆3-2

試合後のコメント

宮脇千波女子部主将「大好きな仲間たちを信じて最後まで戦えた。勝てて本当にうれしいです。私の夢を叶えてくれた後輩に感謝です。最初から最後まで油断せず戦い、みんなで目標達成できて良かったです」