紫苑ステークス
カレンブーケドール

 春にオープン・スイートピーSを制し、続くオークスでも2着と好走したカレンブーケドール(牝3、国枝)が今年の紫苑Sの主役だ。勝って堂々と秋華賞の舞台へ駒を進められるか。

【紫苑S】距離に不安無し!パッシングスルー 黒岩師「順調そのもの」

いい頃に比べると…

 主戦の津村は「先週はまだいい頃に比べると物足りない気配でしたが、今週はずいぶんといい雰囲気でしたよ。トモの張りに加えて、反応が良くなりました。メンバー的にここは受けて立つ立場だと思うので、それにふさわしい競馬ができればと思います」と力強く話した。