写真:無敗の侯英超(KM東京)に大逆転勝ちした朱世赫(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 9月6日(金)鳴門・大塚スポーツパークアミノバリューホール>

6日、ノジマTリーグで琉球アスティーダ(以下、琉球)と木下マイスター東京(以下、KM東京)が対戦した。ここまで最下位の琉球は、首位のKM東京に3-1で勝利。KM東京に今シーズン初黒星をつけるとともに、琉球は今シーズン初勝利を掴んだ。

KM東京、ついに初黒星




写真:大島(KM東京)に競り勝ち、勝利を決めた荘智淵(琉球)/撮影:ラリーズ編集部

琉球がかみ合った。これまでとペアを入れ替えた荘智淵/木造ペアが初戦で勝利すると、2番の朱世赫が侯英超に0-2から大逆転勝利。

琉球が勢いに乗ったかに思われたが、3番陳建安が1-2から丹羽に逆転負けを喫すと、4番荘智淵も大島を相手に1-2とリードを許す展開に。ビクトリーマッチにもつれるかという一戦は、意地を見せた荘智淵が3-2で逆転勝利。琉球はホームでの勝利を飾った。

スコア:琉球アスティーダ 3-1 KM東京




写真:今シーズン初黒星の侯英超(KM東京)/撮影:ラリーズ編集部

◯荘智淵/木造勇人 2-1 丹羽孝希/田添健汰
11-9/5-11/11-9

◯朱世赫 3-2 侯英超
4-11/5-11/11-4/11-6/11-7

陳建安 2-3 ◯丹羽孝希
10-11/11-10/11-5/9-11/8-11

◯荘智淵 3-2 大島祐哉
9-11/11-6/10-11/11-9/11-6

文:ラリーズ編集部