「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会10日目、男子シングルス準々決勝。

第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第20シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。6-4、7-5、6-2でナダルが勝利し、3年連続の同大会ベスト4進出を決めた。

勝者ナダルは、試合後の記者会見で以下のように話した。

あなたはテニス界では間違いなく最高峰の選手だと思います。もしもあなたがシュワルツマンと同じ身長でも、試合は勝てたと思いますか?

「問題はその“もしも”だ。“もしも”は現実には存在しないからね。非常に危険な言葉だと思うよ。もしも、僕がシュワルツマンと同じ身長だったら、その身長にあったプレーをするだろうし、逆に彼が僕の身長だったら、同じように、その身長に合わせたプレーをするさ」

「僕は現実的な話をするように心がけている。彼は間違いなく世界最高峰の選手だ。調子がよければ、彼は誰でも倒せるだろうね。今日は僕が勝った。でもタフな試合だったよ。勝ててうれしいよ」

数時間前にマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が、あなたをテニス界最高のファイターと評しました。シュワルツマンはあなたをジャングルの中のライオンと表現しています。自分自身の“闘志”をどう表現されますか?

「わからないな。あまり自分自身の話はしたくないんだ。そんな綺麗なものではないさ」

「自分は安定したキャラクターをずっと人生の中でも、キャリアの中でも構築してきたつもりなんだ。その安定とは、精神的に集中して、リラックスした状態を保ち、常に対戦相手を尊重して、全てのポイント、ゲーム、セット、試合をプレーすることだと思っている」

「それが成功の秘訣だと思う。でも、これがすべてではないさ。自分の成功は闘志だけで得たものではない。それ以外にもいろいろあるんだ」

「僕が、良い戦いをする品行方正な選手で、プラス思考の性格を持っていると言われることもあるけれど、それは僕だけに限ったことではない。多くの選手がそうやって戦っているんだ」

マリン・チリッチ(クロアチア)とシュワルツマン、タフな試合が2試合続きました。後2試合ありますが、体調はいかがですか?

「調子はいいよ。今日は本当に蒸し暑かったから、厳しい1日だった。2セット目の後半に少し痙攣を起こしたけれど。ああ、3セット目の最初の5~6ゲームでも違和感はあったね」

「でも塩分を補給しただけで済んだよ。それで問題なかった。体調は悪くはないと思う。大きな問題はない。もちろん、疲れているよ。長い1日だったし、なんせ午前1時30分だからね。そろそろ眠らないと。でも体調は万全で次の試合に臨めると思っているよ」

ベレッティーニに関して教えてください。サービスゲームを4回落としました。ベレッティーニとシュワルツマンは全く違うタイプの選手だと思いますが、ガエル・モンフィス(フランス)との試合を少しは見られましたか?感想を教えてください。何か印象に残っていることがあったら教えてください。

「僕に答えを求めているなら、それは素晴らしいけれど、どうやら、あなたは質問をしながら、すでに答えてもいると思うけれど?(笑)」

「彼は準決勝に進んだ。ベレッティーニにとって、今年は素晴らしい年だね。良い試合をたくさん勝っている。グランドスラムの準決勝なのだから、簡単な対戦相手などいない。だから簡単な試合になるとは思っていないよ」

「トーナメントを優勝するという事は、本当にタフな相手に勝ち続けなくてはならないということ。チリッチやシュワルツマンみたいな強敵をね。今日の対戦相手だったシュワルツマンは、今大会すごく調子がよかった。次の対戦相手も同じく調子のいいベレッティーニ。強いサーブ、大きなフォアハンド、フットワークもいい。今年はいい成績を残しているから、自信も持っている」

「だから、自分はベストを出しきらないといけないと思う。常に前進するのさ。今日は数回サーブを落としたけれどね」

4回です。

「そう。4回ね。サーブは落としたくない。ベレッティーニは今日何回サーブを落としている?」

彼は今日4時間試合していますが?

「僕は3時間いかないくらいだったかな。どうしても、僕が4回サーブを落とした事を覚えて欲しいみたいだね?」

ちゃんと説明をする機会が必要かと...

「あなたがイタリア人だから、彼を応援したいんだろ?気持ちは理解できるよ(笑)。彼も今日はサーブを落としていたよ!はは、冗談さ。サーブを落としたりするのも試合の一部さ」

「とにかく、自分の最高のテニスができるように準備しておかなくてはならない。今日は1歩前に進めたと思っているし、自信を得ることもできた。2試合続けて、タフな対戦相手を倒すと、少しレベルが上がる感じがするんだ。自分はまだできるんだと、信じることができるし、実際にそうでありたいと思う」

ベレッティーニをどれくらいご存知か分かりませんが、彼は年齢よりずっと成熟しているように見えます。

「彼は何歳なの?」

23歳です。あなたは先ほど、自分が安定したキャラクターを構築してきたと仰いましたが、ベレッティーニをについてどの程度ご存知なのか、そして彼をどう思われるか教えてください。

「少しは知っているよ。ロッカールームで見かけるからね。同じロッカールームでも、予定が違う場合が多いけれど、見かけたら話す様には心がけている。彼はいつもフレンドリーだよ。僕もフレンドリーだと思われていればいいのだけれど」

「そうだね。ナイスガイだと思うよ。若いし、能力もある。グランドスラムの準決勝にたどり着いたんだ、いいプレーをしている証拠さ。リラックスしている様にも見えるし、大舞台で戦う準備ができていると思うよ」

試合の戦略は、チリッチ戦と似た感じでしょうか?同じようなタイプの選手は?

「チリッチとベレッティーニは少し違うね。同じスタイルの選手だとは思わない」

「戦略は毎回違う。1日時間があるから考えるつもりだよ。自分にとって大事な試合に勝ったばかりだから、今はこの勝利を味わいたいね。次の試合については明日の午後辺りに考え始める。今はグランドスラムの準決勝にたどり着いた喜びを噛みしめるよ。今年は4回グランドスラムの準決勝まで勝ち進めることができた。これはすごいことだよ。本当に、すごくうれしい!」

ナダルは準決勝で、第24シードのマッテオ・ベレッティーニと対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年「全米オープン」でのナダル

(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)