今週から秋競馬がスタート。関西では9月8日にGIIセントウルS(阪神・芝1200m)が行なわれる。

 GIスプリンターズS(中山・芝1200m)へ向けての、重要なトライアル戦ということもあって、過去の連対馬には名馬がズラリと名を連ねる。その結果、1番人気は過去10年で3勝、2着5回、3着1回と安定した成績を残しており、比較的手堅いレースと言えるだろう。

 とはいえ、しばしば波乱も起こっている。たとえば、2012年には1番人気のロードカナロアが敗れ、6番人気のエピセアロームが勝利し、3着に12番人気のアンシェルブルーが突っ込んできて、3連単は37万8500円という高配当をつけた。

 さらに2015年も、1番人気のウリウリが2着と惜敗。10番人気のアクティブミノルが金星を挙げ、3着に5番人気のバーバラが入って、3連単の配当は40万円超えとなった。

 こうした例から、伏兵の台頭は十分に考えられ、好配当をゲットするチャンスも大いに見込める。そこで、過去10年の結果を参考にして、激走が期待できる伏兵馬を探し出してみたい。

 まず見逃せないのが、重賞で連対実績のある3歳馬だ。

 2010年に4番人気で勝ったダッシャーゴーゴーに、前述した2頭、2012年にロードカナロアを負かしたエピセアローム、2015年に10番人気で勝利したアクティブミノルと、過去に何度も波乱を起こしている。

 ダッシャーゴーゴーはGIII小倉2歳S(小倉・芝1200m)とGIII CBC賞(京都・芝1200m)で2着、エピセアロームは小倉2歳S1着、GIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)2着、アクティブミノルはGIII函館2歳S(函館・芝1200m)1着、GIIIファルコンS(中京・芝1400m)2着と、いずれも重賞で勝ち負けを演じる実力がありながら、直近のレースで振るわなかったりして、低評価にとどまっていた。

 そして、今年も重賞実績のある3歳馬が2頭出走する。イベリス(牝3歳)とファンタジスト(牡3歳)である。




セントウルSでの大駆けが期待されるイベリス

 イベリスは、2走前のGIIIアーリントンC(4月13日/阪神・芝1600m)で牡馬相手に快勝し、ファンタジストは2歳時に小倉2歳SとGII京王杯2歳S(東京・芝1400m)を勝っていて、GIIスプリングS(3月17日/中山・芝1800m)でも2着と好走している。

 ただ、イベリスは前走のGI NHKマイルC(5月5日/東京・芝1600m)で16着と大敗。ファンタジストはここ最近の3走で惨敗を繰り返している。そのため、ともに下馬評では伏兵の域を出ないが、過去の3歳馬の強さを見れば、外せない。まして、重賞を勝てる力を秘めていることを思えば、なおさらだ。

 続いて、臨戦過程に注視してみたい。例年このレースには、GIIIキーンランドC(札幌・芝1200m)と、GIII北九州記念(小倉・芝1200m)から挑んでくる馬が複数いる。過去の成績を見てみると、より結果を残しているのは、北九州記念組だ。

 先に触れたダッシャーゴーゴーやエピセアロームをはじめ、2009年のコスモベル(11番人気で3着)、2010年のメリッサ(5番人気で3着)、2014年のリトルゲルダ(4番人気で1着)、2015年のバーバラ(5番人気で3着)、2016年のラヴァーズポイント(9番人気で3着)、そして2018年のグレイトチャーター(7番人気で3着)など、人気薄での好走例も非常に多い。

 とすれば、今回も狙うべきは北九州記念組である。先に挙げたファンタジストを除けば、アンヴァル(牝4歳)、キングハート(牡6歳)、ダイメイプリンセス(牝6歳)、ラブカンプー(牝4歳)と、4頭いる。

 このうち、北九州記念で勝ち馬から1秒4も離されて、17着と大敗を喫したラブカンプーは推奨馬から外したい。過去の北九州記念組からの好走馬はすべて、同レースで負けていても勝ち馬からコンマ1秒以内だったからだ。

 また、北九州記念組からの過去の好走馬の中に、4カ月以上の休み明けで同レースに挑んでいた馬はいない。そうなると、4カ月半ぶりに北九州記念に臨み、今回が叩き2戦目となるキングハートも強くは推せない。

 ということで、ここではアンヴァルとダイメイプリンセスをオススメしたい。

 アンヴァルは、今年に入ってからオープン特別や重賞のスプリント戦を4戦消化。2着、4着、2着、3着と好走を続けている。3着となった前走の北九州記念でも、メンバー最速タイの上がりタイムをマークして僅差の勝負を演じた。展開がハマれば、一発あってもおかしくない。

 ダイメイプリンセスは、北九州記念で約1年ぶりの勝利を飾った。当然、今回は上位人気を争う存在だろうが、その前走で9番人気だったことを思えば、3、4番人気といった意外な低評価にとどまる可能性もある。

 そうなれば、配当的な妙味は増す。昨年のスプリンターズSでも4着と好走した実力馬の、重賞2連勝に期待してみるのも悪くない。

 夏競馬が終わり、いよいよ秋の競馬シーズンを迎える。今後の大一番に向けて、その前哨戦ではどんなレースが繰り広げられるのか。もちろん、我ら穴党が期待するのは、ここに挙げた馬たちが馬券に絡むような、荒れる展開である。