<写真・チームを救った光根>

    9月5日、兵庫県ベイコム総合体育館にて2019年度関西学生卓球秋季リーグ戦5日目が行われた。男子は大経法大、女子は同大と対戦した。

   男子は1番手の重村(経1)が格上の相手に接戦を繰り広げたが、惜しくも敗北。続く2番手の大西尚(商3)が勝利し、流れをつくった。3番手の高橋(商4)が安定したプレーでストレート勝ち。ダブルスでも高橋・廣田雅(経4)ペアが3-0で勝利を収め、試合の主導権を握った。続く5番手の萩原(商2)が3-0でチームの4勝目を勝ち取り、勝負を決めた。

   一方、女子は同大と対戦。1番手の村田(文1)が3-2で接戦を制した。だが、2番手の宮脇(国4)と3番手の秋山(教2)が惜しくも敗北した。続くダブルスで白星を挙げ、2-2の同点に。5番手の小脇(社3)が敗北し、もう負けられない状況になった。しかし、6番手の光根(法2)がセットオールに及ぶ激戦を制し、チームを救った。最後は勝負を託された竹田(国2)が見事勝利し、4-3で同大を下した。

   次戦はあす、同会場にて男子は立命大、女子は神松蔭大と対戦する。

試合結果 

男子団体 対大経法大☆4-1

1重村★2-3

2大西尚☆3-1

3高橋☆3-0

4高橋・廣田雅☆3-0

5萩原☆3-0

女子団体 対同大☆4-3

1村田☆3-2

2宮脇★2-3

3秋山★0-3

4小脇・村田☆3-0

5小脇★0-3

6光根☆3-2

7竹田☆3-1

試合後のコメント

卯木尚大男子部主将(法4)「1番手の重村は格上相手に負けたけど1年生らしく思い切りやってくれた。自分的には5、6番手が経験が浅い中で両方とも勝てたことが勝因。2、3、4番手はいつも通り勝ってくれて、安心して応援できる。あすの立命大戦は競った試合になる。勝っても優勝できるか分からないが、このチームで最後となる試合。全力で頑張っていきたい」

宮脇千波女子部主将「正直負けたと思った。自分がしっかり勝たないといけないのにみんながしっかり勝ってくれた。気持ちで攻めるようにと後輩に教えていて、きょうは初めから雰囲気で勝てていたと思う。勝っても負けても、いい雰囲気で、元気でいてほしい。あすの神松蔭大は今まで勝ったことがない相手。向かっていく気持ちで臨む。このチームで最後の試合なので、負けても勝ってもこのチームで良かったと思えるような試合をしたい」