<写真・D1で接戦を繰り広げた栗山・天野(左)組>

   9月5日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、2019年度関西大学対抗テニスリーグ戦(対近大)が行われ、関学は通算0勝9敗で敗北した。

   相手は昨年度優勝の近大。格上を相手に苦しい戦いとなった。ダブルス1(D1)では、栗山(商4)・天野(文4)組が夏関以来に再結成。第1セットはツーボレーでポイントを重ね、4度のセットポイントを奪った。だが、あと1ポイントが奪えず。タイブレークにもつれ込むと、相手の強烈なサーブに対応できずセットを落とした。第2セットも波に乗った相手に力負け。D2、D3もストレートで敗れ、0-3でシングルスへ進んだ。シングルスでは、大幅にオーダーを変更。シングルス5(S5)の星原(商4)やS6の板敷(社3)など、リーグ戦初出場の選手の勢いに託したが、力及ばず。1セットも奪えず全敗し、0-9で敗れた。

   次戦は9月8日、同会場にて同大とのリーグ第4戦が行われる。

【試合結果】

D1 栗山・天野(6(1)-7、3-6)

D2 深井(法4)・中澤(法2)(4-6、1-6)

D3 板倉(人4)・末吉(法1)(1-6、6(2)-7)

S1 片山(経1)(1-6、0-6)

S2 林田(文1)(3-6、2-6)

S3 天野(4-6、4-6)

S4 利光(社2)(0-6、3-6)

S5 星原(1-6、0-6)

S6 板敷(0-6、1-6)

試合後のコメント

栗山拓也主将「ここまで3戦全敗で、チームの雰囲気が悪い。リーグ戦を戦っている中で、まだ一つになり切れていない部分もある。残り2戦でどれだけ盛り上げていけるかが大事。同大戦では、いいスタートを切って勝利をつかみたい。個人的には、しっかり持ち味を出し、勝っても負けても楽しくプレーする」