「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)の大会10日目、男子シングルス準々決勝。

第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第20シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。6-4、7-5、6-2でナダルが勝利し、3年連続の同大会ベスト4進出を決めた。

敗者シュワルツマンは、試合後の記者会見で以下のように話した。

今大会、あなたと対戦するまで、ナダルのサーブは2回しかブレークされていませんが、あなたは4回もブレークし、それ以上のチャンスもありました。彼のサーブに対しては、どのような戦略を試みたのでしょうか?

「まず、彼とは何度も対戦しています。彼のサーブはさらに進化していると思います。どのようにかは分からないけれど、彼らはずっと進化していると感じています」

「今日は、彼の進化したサーブに大変苦しめられました。4回ブレークはしましたが、これまでの彼との対戦時に感じていた、リターンでの安心感は、今日はまったくなかったです。彼がサーブでポイントを重ねるたびに、自信に満ちていったので、リターンは苦しかったです」

「それ以外は特にないです。とにかく言えるのはナダルのサーブが、今は絶好調だということです」

選手の身長がハンデになっていると、記事などで多く見られますが、逆に身長が低いことによる強みはありますか?

「例えば、今日に関しては、サーブが良くありませんでした。どんなにサーブの調子が悪い時期でも、年間を通して、8割は良いサーブが打てていますが、今日はできませんでした。今日の試合で難しかったところはサーブが良くなかったことです」

「それに比べると、今日のナダルはリターンでも冴えていました。特に彼みたいな選手に対しては、サーブでチャンスを作り、より攻撃的にならないといけません。でも今日のサーブでは、それが実践できませんでした」

セカンドセットで、ゲームカウントが5-1の時に、あなたの打ったパッシングショットが決まり、観客が総立ちであなたの名前を叫んでいましたね。良い試合したけど勝てなかった試合では、そういう瞬間を大事にされていますか?

「本当にすごかったです。特にあのポイントは、大事なポイントだったので、僕にとっても非常に気持ちが良い瞬間でした」

「あのポイントで大きな自信もついて、第1セットの良い状態の感覚が戻ってきました。3セット目に、ナダルがトレーナーを要求した時はチャンスと思いました。あの時、彼は苦しかったと思います。しかし、そのチャンスをものにすることができませんでした。今日は良いポイントもたくさんありましたが、肝心なポイントでうまくプレーができませんでした」

「ウィンブルドン」でマッテオ・ベレッティー二(イタリア)との5セットの死闘がありました。準決勝の彼とナダルとの対戦をどう思いますか?ベレッティー二にチャンスはありますか?

「難しい質問ですね。ベレッティー二 vs ナダル。僕がやるわけではありませんから。ナダルが優位だとは思います。ベレッティー二は、今日タフな試合で5セットを戦っていますし、初めての準決勝ですからね。彼にとっては、すべてが新しい環境ですから、その中で大きな壁を乗り越える準備をしなければいけません」

 

「とにかくナダルは、こういう大舞台での試合の戦い方を心得ていると思います。ベレッティー二にとっては、タフな試合になるでしょう。しかし、ベレッティー二がここまで勝ち上がった事に関しては、正直嬉しく感じています。彼は、本当に良い奴なんです」

ナダルはテニス史上最高のファイターだと、ベレッティー二がコメントしました。

「その通りだと思います」

ナダルをどの様なファイターだと思いますか?

「ジャングルにいるライオンの様な感じですかね?彼は、本当にファイターなんです。常に重要な局面では、必ず僕を上回るプレーをしてきます。これまで、8回対戦していますが、いつも僕よりうまくプレーしてくるのです」

「それ以外の表現方法が見つかりません。ベレッティー二の言う通りだと思います」

勝利したナダルは準決勝で第24シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年「全米オープン」でのシュワルツマン

(Photo by Elsa/Getty Images)