5日、一般社団法人日本野球機構(NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメントは「eBASEBALL プロリーグ2019 ドラフト会議(以下、eドラフト会議)」の候補者46名を選出した。選ばれし46名は、eドラフト会議への切符をもぎ取った。

なお、2019年9月16日(月祝)に実施されるeドラフト会議では、NPBの12球団がプロテストを通過した46名の候補者から28名を指名し、2018シーズンからの継続契約選手20名を含めた全48名の2019シーズンのプロプレイヤーが決定する。

『eBASEBALL プロリーグ』が発表した2019シーズンのeドラフト会議候補者/46名は、以下。

 

【eドラフト会議候補者/46名一覧】本名/(プレイヤーネーム)/特記事項・アピールポイントなど※順不同・敬称略

坂本隆資(坂本)

2018シーズン・広島東洋カープ代表選手。勝負強い打撃で頂点へ向かう求道者。心は熱くプレイは冷静に、パワプロ道を歩み続ける。

安江大志(TC)

プロテスト最多安打のヒットメーカー。剛柔使い分ける打撃でタイトル目指して邁進する。

矢倉直人(N-岡田)

2018シーズン・オリックス・バファローズ代表選手。名勝負の演出家から今年こそ主役へ。反撃開始の号砲を鳴らして、貪欲にただ勝利を望む。

宇佐川史彬(OKARINA)

高い打撃精度と強気な勝負が織りなす攻撃的野球の使い手。先行逃げ切りで勝利を掴むか?

熊田知紘(ikura)

巧妙な試合運びで得失点差0でもプロテスト突破。変幻自在の「間」で敵を惑わす。

新井宇輝(みかん)

中高生大会近畿代表。予選下位から成り上がったプロの舞台で存分に暴れまわる。

高田和博(TKD)

2018シーズン・東京ヤクルトスワローズ代表選手。卓越した投球技術はプロでも上位入り間違いなし。昨季との違いは打席で魅せる。

岩崎洸己(沢村にこ)

抜群の投球スタッツで予選を突破。守って勝つ野球をプロの舞台でも見せてくれるだろう。

脇直希(みぞれん)

走攻守3拍子揃ったオールラウンダー。努力に裏打ちされた実力を発揮する舞台は整った。

岡久将吾(デジうち)

こだわりのデジタル打ちから猛練習の末アナログへ転向。試合巧者は今なお成長過程だ。

菅原翔太(ぶんた)

2018シーズンは「プレイヤー解説者」として参加。たゆまぬ努力と熱い気持ちでプロへの切符をもぎ取った。今季は晴れ舞台で歓喜の涙を。

伊勢家雄次(泉川れい)

ここ一番で打てる精神力は実戦向き。気持ちを押し出すスタイルでチームを鼓舞する。

松井徳成(とくとく)

大崩れしない試合運びはリーグ戦向き。相手をねじ伏せる投球でチームに貢献したい。

高川悠(スーム)

プレイ歴1年足らずで辿り着いた大舞台。シンプルに突き詰めたプレイで兄(ころころ(2018シーズン・読売ジャイアンツ代表選手))を超えられるか。

徳田直也(小早川)

1点を守り切って勝つスタイルを掲げる強者。プロリーグという乱世を生き抜けるか?

大上拓海(どいや)

試合に入る力と確かな選球眼が武器と自負。スモールベースボールで勝機を繋ぐ。

坂地駿典(しゅんすけ)

キャリアは浅くとも結果に繋げる勝負度胸はピカイチ。いざプロの舞台へ、腹は括った。

大石直弥(ナオピー)

堅実さと豪快さを併せ持つプレイヤー。ピンチでも一歩も退かない覚悟で挑む。

荒木颯太(荒木)

野球経験を活かしたプレイで1点差をモノにする男。接戦なら自分のフィールドだ。

岸川虎太朗(★コタ★)

気合いの声は高い集中力の現れ。プロリーグでも自分らしさを存分に発揮する。

渡邉輝哉(tell)

2018シーズン・福岡ソフトバンクホークス代表選手。持ち前の器用さに大舞台での経験がプラス。再びプロのステージで輝く時が来た。

柳虎士郎(ゆさ)

「eBASEBALL全国中学高校生大会」優勝。中高生大会優勝の勢いそのままにプロテストも突破。リーグの勢力図を塗り替える。

相澤 一久也(くや)

塁上を賑わす打撃と高いナイスピッチ率に自信。チームに勝利の凱歌を響かせる。

杉野貴哉(ルービット)

膨大な対戦情報から特徴を分析するデータマン。チームの司令塔になれる存在だ。

及川裕也(JOY)

2018シーズン・北海道日本ハムファイターズ代表選手。楽しむプレイスタイルに経験が加わった。屈指の打撃力に己の威信をかけ再出発!

高川健(ころころ)

2018シーズン・読売ジャイアンツ代表選手。昨シーズンで既に実力は証明済み。 今季は開幕からフルスロットルで走り出す覚悟。

望月雄太(フサマント)

パワプロ歴こそ浅いが対人戦で力を発揮するタイプ。猛者に怯まぬ精神力を持つ。

中島優樹(KOCO)

投球からリズムを作る守備の人。昨年度プロテスト敗退の悔しさを晴らしてみせる。

原健四郎(拳王)

恐れず逃げず諦めずの粘り強さが信条。猛者の集うプロリーグで覇者を目指す。

結城卓也(けいてぃ)

ロースコアゲームに勝機あり。プロリーグでも自分のカラーに染めることが出来るか?

三輪貴史(ねお)

2018シーズン・東北楽天ゴールデンイーグルス代表選手(eドラフト会議1位指名)。昨季は僅かにCSに届かずも手応えは掴んだ。見据えるは更にその先、日本一。

谷岡駿(すん)

狙いを絞らせない配球が得意分野。安定感を磨いて結果に繋げる。

前田恭兵(マエピー)

2018シーズン・東京ヤクルトスワローズ代表選手(eドラフト会議1位指名)。 揺るがぬパワプロ愛を胸に帰ってきた元チャンプ。リベンジではなくチャレンジの年に。

高良匡史(えぞひぐま)

2018シーズン・東京ヤクルトスワローズ代表選手。ミスを逃さず勝利を射止める パワプロ界の勝負師。目指すテッペンへ手は揃った。

眞田夕詩(夕詩)

「eBASEBALL全国中学高校生大会」準優勝。中高生大会のリベンジはプロの舞台で。立ちはだかる相手は全て倒してみせる。

藤本洋介(めし原)

2018シーズンは「プレイヤー解説者」として参加。確かな技術と知識で東日本予選1位通過。昨季見つめた舞台へ、準備と分析は万端だ。

加藤誉士典(TAKU)

高い集中力から繰り出すハイレベルな打撃が最大の武器。僅かな隙も見逃さない。

市村槙之介(はる)

熱き想いと猛練習で夢舞台への切符を勝ち取った。決め球を打ち砕く打撃に注目!

平山大輝(ひらD)

実績と技術を兼ね備えたプレイヤー。自慢のバットコントロールで白星を掴む。

村上諒(リョウ)

基本に忠実なプレイと効率的な試合運びが特徴。実直に結果だけを見据える。

堀川大志(紫庵)

勝負所で輝く得点圏打率が魅力。勝利を目指して貪欲に仕掛けていく。

坂東秀憲(どぅーけん)

分析と研究に裏打ちされた成長曲線はプロからも注目。パワプロ界の盟主を目指す。

町田和隆(あんちもん)

強打者でないほど燃えるという打撃の求道者。夢見た舞台で勝利決める一打を放つ。

國松洋希(ゼブラ)

「eBASEBALL全国中学高校生大会」優勝。ゲームメイク能力を武器に中高生大会を制した巧者。独力で勝ち切る姿を見せられるか?

大川泰広(BOW川)

2018シーズン・埼玉西武ライオンズ代表選手(eドラフト会議1位指名)。歓喜の中心で流した涙が印象的だったe日本シリーズ。実力でもう一度あの舞台へ!

髙羽和宏(じゃむ〜)

2018シーズン・横浜DeNAベイスターズ代表選手(eドラフト会議1位指名) 日々のジッケンは結果として昨年のリーグ制覇に繋がった。挑戦者として再び立ち上がる。

データ提供:『eBASEBALL プロリーグ』

 

16日のeドラフト会議にも注目がかかる、2019シーズンの『eBASEBALL プロリーグ』にも注目だ。

文/スポーツブル編集部