「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会10日目、男子シングルス準々決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第20シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。7-5で第2セットもナダルが奪い、セットカウント2-0とした。

第1セットで2度ブレークを許しながらも、6-4で奪ったナダルのサービスゲームから第2セットはスタート。序盤3ゲームはお互いにキープし合った。

そして第4ゲームでデュースに持ち込んだナダルが、ブレークに成功して先行。続く第5ゲームでシュワルツマンにブレークポイントを握られるも、強烈なサーブでしのぎリードを作った。

さらに第6ゲームでも15-40とチャンスをつかむと、ダウン・ザ・ラインを決めてブレークに成功。ゲームカウント5-1とリードを広げた。

しかし、ナダルのサービング・フォー・ザ・セットとなった第7ゲームで、必死に食らいついてくるシュワルツマンにブレークを1つ返される。

2度目のサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでも、シュワルツマンにブレークを喫したナダル。これでブレークの数で並ばれてしまった。

それでも両者キープして迎えた第12ゲームで、ナダルがまたも土壇場で流れを引き寄せてブレーク。7-5で第2セットも奪った。

試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」でのナダル

(Photo by Al Bello/Getty Images)