写真:ジャパンオープンの神巧也(T.T彩たま)/提供:ittfworld

<第53回全日本社会人卓球選手権大会(熊本市総合体育館) 2019年9月6日~8日>

6日から8日にかけて、今年も全日本社会人選手権が開催される。例年大きな盛り上がりを見せるこの大会に、今年も全国からプロ・アマ問わず多くの社会人が参戦する予定だ。

今回は第53回を迎えた今大会の男女シングルス、ダブルスの見どころを紹介する。

男子見どころ




写真:昨年度準優勝の町飛鳥(鹿児島県体育協会)/提供:ittfworld

シングルス

昨年は日本代表の丹羽孝希(スヴェンソン)が町飛鳥(鹿児島県体育協会)を決勝で下し、初優勝を収めた。今年は丹羽が出ないため、第1シードの町が優勝候補筆頭と言えるだろう。

また町を含め、神巧也(T.T彩たま)、村松雄斗(東京アート)、吉村和弘(東京アート)など、多くのTリーガーも出場。町、神、村松はTリーグ・2ndシーズンでも好調ぶりが見られるため、上位進出が期待される。一方吉村和弘は、8月のチェコオープンを怪我で棄権するなど、調子の面で不安要素が残る。

実業団からも多く選手が出場し、松平賢二(協和キリン)、笠原弘光(シチズン時計)、大矢英俊(ファースト)などのベテラン選手もそろい踏み。Tリーガーや若手相手にどのような試合を見せてくれるのだろうか。

ダブルス

昨年優勝を果たした日鉄物流ブレイザーズの松下海輝/藤村友也ペアや、準優勝となったリコーの鹿屋良平/有延大夢ペアは今年もペアリングを変えずに出場する。今大会の決勝も、この2つのペアが激突する可能性は高い。

女子見どころ




写真:韓国オープンの松平志穂(日本ペイントマレッツ)/提供:ittfworld

シングルス

昨年度優勝の平侑里香(サンリツ)、準優勝の森薗美咲(TOP名古屋)は今大会も出場。また女子も前田美優(日本生命)、松平志穂(日本ペイントマレッツ)、森薗美月(木下グループ)ら若きTリーガーが多く参加している。まさしく群雄割拠のトーナメントと言えるだろう。

誰が優勝してもおかしくない女子シングルス、要注目だ。

ダブルス

ダブルスは昨年度優勝の森美紗樹/平野容子(豊田自動織機)など、実業団の選手が多くエントリーしている。

中でも注目は十六銀行の山本怜/加藤杏華ペア。今年7月に行われた全日本実業団選手権・決勝でも勝利を挙げ、チームの優勝に大きく貢献している。女子ダブルスでは山本/加藤ペアが台風の目となるかもしれない。

文:ラリーズ編集部