8月31日に行なわれたPSV入団記者会見で、堂安律はこう語った。

「ステップアップに一番適したクラブだと思います。ただ、それだけじゃないクラブなので、優勝を狙わないといけないというプレッシャーも毎試合ある。ヨーロッパリーグ(グループリーグ)進出を決めましたが、チャンピオンズリーグでプレーできるクオリティのあるチームだと思うので、そういうプレッシャーとも戦える。そういう面も、このチームを選んだきっかけになりました」



名門PSV移籍というステップアップを果たした堂安律

 今季のオランダリーグは、アヤックスが優勝の大本命で、PSVは2番手、そしてフェイエノールト、AZ、ユトレヒトが3位を争うという予想が一般的だ。日本人選手がオランダリーグで優勝したことは、まだない。PSVというオランダ屈指の名門に入った堂安には、その第一号を目指してがんばってほしい。

 堂安のいなくなったフローニンゲンは、入団会見の5時間後にヘラクレスと戦い、1-2で敗れた。板倉滉は4試合連続でフル出場を果たした。

 オランダ人の映像撮影チームが試合後、板倉に「インタビューをさせてほしい」と訊ねてきた。彼は私に、「なるべく自分で答えますので、わからなかったら通訳をしてください」と言った。

 最初の質問に対し、板倉は英語で答えた。その次からは「日本語で答えてくださってけっこうです」ということになったが、それでも質問は英語だ。板倉はしっかりとそれを聞き取り、的確に答えを続けた。私の助けは、まったくいらなかった。

 今年1月に板倉がフローニンゲンに移籍した頃、堂安が「僕が滉くんの通訳をしているんですよ」と話したことがあった。その後、板倉は日本代表の一員として、6月のコパ・アメリカに参加。オランダからはふたりの記者が来ていて、試合後に板倉のインタビューを行なった。彼らは満足そうに「滉の英語はよかったよ。いい話が聞けた」と満足そうだった。

 ヘラクレス戦後、板倉は「僕もそのことを、すごく覚えています」と言った。

「『英語をしゃべれるか?』と訊かれて、本当は『ノー』なんですが、『とりあえず、ちょっとやってみようかな』と思って、『イエス』と言って話してみたんです。だけど、本当はもっと話したいことがあったのですが、うまくしゃべりたい言葉が出てこなかった。そういうところで、ちょっと悔しさがありました。

 英語はコミュニケーションに必要ですし、試合中にもっともっとうまく伝えるようにならないといけない。しかし、最初にオランダに来た時は全然しゃべれなかったので、それと比べたら少しはよくなっています。まだまだ聞き取れないこともありますし、『なんて言ったらいいのかな?』ともなりますが、コミュニケーションをどんどん取るようにしています」

 センターバックを務める板倉にとって、英語の向上はパフォーマンスにもつながっているのだろう。前節のAZ戦(0-0)ではオランダメディアの「週間ベスト11」に選出され、ヘラクレス戦後は「ホームのサポーターが選ぶマン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた。

 そんな板倉は、堂安と半年間一緒にプレーし、移籍する時の様子も間近で見ていた。

「ずっと律を近くで見ていたので、(移籍は)素直にうれしかった。律がいろいろ迷ったことも知っていました。フローニンゲンのために2年間戦ってくれて、日本のメディアからも注目されるようになり、そういう意味ではフローニンゲンにすごく貢献してくれたと思う。

 律が来るまで、自分はこのチームのことを知らなかったし、こうやって律がフローニンゲンのために戦ってくれた2年間は、フローニンゲンにとってもすごく大きなことだと思います。今回、格上のPSVに行ってすごくよかった。またここから、律も勝負が始まると思う。自分も負けてられないという気持ちです。日本代表ですぐ会えるので、その時にいろいろ話したいと思います」

 翌日の9月1日は、フィテッセ対AZ(2-1)を見た。この日、菅原由勢の出番はなかった。

 しかし菅原は、8月29日に行なわれたヨーロッパリーグ・プレーオフの対アントワープ戦(延長4-1)には途中から出場している。右ウインガーとして惜しいクロスを3本入れてチームに活力を生み、チームの勝利に貢献した。AZファンの間で語り継がれること間違いなしの大激戦だった。19歳の右サイドバック兼ウインガーは、いい経験を積んでいる。

「あの試合はヤバかったです。(延長戦で)アントワープのサポーターがピッチにいっぱい乱入しようとしていました。試合が終わった瞬間、『ロッカーに走れ!』と言われた。ちょっと落ち着いてから、サポーターのところに行って騒ごうぜ、という感じでした」

 ヨーロッパリーグ・グループリーグ行きを決めたAZは、イングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッド、そして浅野拓磨の在籍するパルチザン・ベオグラードと同じ組になった。

「帰りのバスのなかで抽選結果を見て、マンチェスター・ユナイテッドと戦うことが決まった時、みんな『バアーン!』って(感情が)爆発していました」

 菅原は以前、「AZは優勝する力がある」と言っていた。フィテッセ戦後、その理由を訊いてみた。

「まず、一体感があると思います。そして、それぞれの個性を最大限に活かします。このチームは個性が最大の武器。若い選手が多いので、『やってやるぞ』というナニクソ精神が練習からあふれています。そういう気持ちが、サッカーでは一番大事だと思います。ここから成熟していく一方なので、本当に楽しみ。優勝もできると思っています」

 つまり、堂安のいるPSVと優勝を争わないといけないわけだ。

「堂安選手がいてもいなくても、PSV には負けられない。もちろん強いチームですし、リスペクトもありますが、日本人選手が入ったので、より負けられないという気持ちです」

 堂安のPSV移籍を、菅原はどう見ているだろうか。

「こっちに来て、やはり『PSVは名門だな』と感じています。そこに日本人選手が行けるということは、僕にも行けるチャンスがあるということ。堂安選手のおかげで、日本人に興味を持つ強化部もあると思う。日本人に対する目を、堂安選手が変えてくれる。僕も追いつかないといけないと思います」

 堂安は会見でこう語った。

「自分の実力は、自分が一番わかっているつもりです。それに適したクラブを、僕はちゃんと選んでいる。しっかりとしたステップアップができていると思います」

 堂安に限らず、板倉、菅原、中山雄太(ズヴォレ)、ファン・ウェルメスケルケン際(ズヴォレ)、中村敬斗(トゥウェンテ)といったオランダでプレーする選手たちは皆、自分に適したチームを選んでいると思いつつ、「ステップアップしたい」という気持ちを胸に秘めて戦っている。