5季連続優勝を懸けた秋季リーグ戦が開幕した。初戦の相手は今季から1部に昇格した大正大。格下の相手と思われたが、1部昇格の勢いに押され1-2とリードを許す展開に。しかし、ダブルスで勝利をつかむと着実にポイントを取り、4-2で勝ち抜いた。

◆9・4~13 関東学生秋季1部リーグ戦(所沢市民体育館他)

▼9・4 対大正大戦(港区スポーツセンター)

 ◯明大4-2大正大

 無敗の男が勝利を決めた。チームカウント3-2で迎えた6番手に登場したのは、沼村斉弥(商2=野田学園)。第1ゲームを接戦の末13-11でモノにするが、続く第2ゲームは「サーブが甘くなってしまった」。サーブから流れをつくれず、受けの卓球を強いられ、11-13でこのゲームを失う。それでも、リーグ戦未だ負けなしの沼村は慌てなかった。第3ゲームを奪い、ゲームカウント2-1で迎えた第4ゲーム。一時は、4点差をつけられたが「相手に打たせないように、攻めることを意識した」。その後、怒涛(どとう)の5連続得点を挙げ、チームの勝利を決めた。

 全ての試合に全力で挑む。沼村は、リーグ戦でのシングルス連勝記録を9に伸ばした。プレッシャーの懸かる後半に起用される中、必ず白星を呼び込んでいる。今春からは、龍崎東寅(商3=帝京)とペアを組み、団体戦の勝敗を占うダブルスを任されることに。そこでも安定したプレーでエースを支え、好成績を残している。強さの理由は「一戦一戦大切に頑張っていること」。これからもチームの勝利に貢献し続けるに違いない。

 2日目は日体大と法大との対戦だ。日体大は団体インカレで敗れただけに絶対に負けられない相手。「インカレで勝ったのはたまたまだと思わせたい」(龍崎)。必ずリベンジを果たし、春に達成した全勝優勝を秋でも飾ってみせる。

[長谷川璃月]

試合後のコメント

龍崎

ーー初戦を終えての感想をお願いします。

 「春とは違った展開にはなると思っていました。今日はもっと楽に勝てると思っていたんですけど意外と競った試合になりました。でも、全員に試合が回ってきたので、そこはいい意味で捉えて次に向けてやっていきたいなと思います」

ーーリーグ戦の目標を教えてください。

 「インカレで負けた分、リーグ戦で勝って自分も全勝で終えたいので一戦一戦頑張っていきたいです。チームとしてはいい雰囲気でやれていて、しっかり練習もやってきたのでそれを各自かどれだけ出せるかだと思います。力を出せれば自分たちが勝てると思うので、力を出せるようにやっていきたいです」

沼村

ーー今試合を振り返っていかがですか。

 「今日は秋リーグの初戦で2部から上がってきた大正大が相手ということで相手は勢いに乗っていました。ダブルスが1-2で回ってきた時は少し緊張しました。でも、その中でしっかり勝てて良かったです」

ーーここまでの調整とリーグ戦の目標を教えてください。

 「大会前に手首を痛めていてあまり練習ができなかったんですけど、できない中でも、できる練習を毎日やるようにしていました。とりあえず、秋も全勝優勝して、個人としても負けないように頑張ります。一試合一試合集中していかないと取りこぼすと思うので、大切にしていきたいです」