写真:林昀儒(岡山リベッツ)に競り勝った侯英超(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 9月4日(水)岡山武道館>

4日、ノジマTリーグで岡山リベッツ(以下、岡山)と木下マイスター東京(以下、KM東京)が対戦した。

木下マイスター東京、開幕3連勝




写真:安定した戦いで勝利を収めた水谷隼(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

両チームが2勝ずつしたこの試合、勝敗の行方はビクトリーマッチに委ねられた。

2-2で迎えたビクトリーマッチは、全中国選手権を優勝した侯英超(木下マイスター東京)とT2ダイヤモンドを優勝した林昀儒(岡山リベッツ)の戦いに。終盤までもつれた戦いは、11-8で侯英超が勝利し、木下マイスター東京の開幕3連勝に貢献した。

スコア:岡山リベッツ 2-3 KM東京




写真:この試合もダブルスで貴重な1勝をもたらした森薗/上田ペア(岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部

◯上田仁/森薗政崇 2-0 大島祐哉/田添健汰
11-6/11-7

町飛鳥 0-3 ◯水谷隼
6-11/4-11/8-11

森薗政崇 0-3 ◯侯英超
7-11/10-11/9-11

◯林昀儒 3-0 大島祐哉
11-8/11-4/11-5

林昀儒 0-1 ◯侯英超
8-11

文:ラリーズ編集部