◆2019年度夏季オープン戦◆

9月1日 対駒大 駒大グラウンド

圧倒された。初回から4安打4失点と駒大の打線につかまる。その後も失点を許し、4回までに9点もの失点を奪われてしまう。しかし、5回以降は南田(法3=長岡大手)、宮崎晃(コ4=県相模原)、栗尾(コ2=山梨学院)、赤塚(コ4=麗澤瑞浪)の投手リレーで無失点に抑える。打っては、宮慎(コ3=市立船橋)がマルチ安打も、立大はこの試合10三振を喫する。投打ともに課題が残る試合となった。

打線の活躍が光ったのは5回。金川(社2=立教新座)が安打で出塁すると、村山直(コ3=青森山田)、南田も安打を放つ。しかし、盗塁失敗や三振で得点には繋がらず。駒大投手相手に、この試合得点を奪うことができなかった。

投げては、5回以降、4人の細かい投手リレーで猛駒大打線を無失点に抑える。3回には川端(コ2=秀岳館)、9回には赤塚が、それぞれ三者凡退に抑えた。


打席に立つ前、笑顔をみせる富永(コ3=桐蔭学園) (写真右)


立大はこの試合、計9得点を奪われたが、許した安打は8安打。立大打線は7安打と、そう変わらない。しかし、与えた四死球は11個。四死球の多さも失点に繋がる大きな要因となった。残りのオープン戦、秋季リーグに向けて投打にわたる課題を克服していきたい。
(9月1日・村上結香)