写真=Getty Images

言葉と行動で引っ張るリーダーに

ウィザーズは、この夏に小兵ガードのアイザイア・トーマスをロスターに加えた。

昨シーズンはナゲッツに所属したトーマスは、昨年いっぱいを使って股関節のリハビリに集中し、今年に入って復帰した。だがナゲッツは西カンファレンスの上位争いをしていた最中で、ケガ明けのトーマスを試す余裕がなく、結局トーマスはレギュラーシーズン12試合に出場し、平均8.1得点に留まった。

プレーオフのローテーションからも外れたが、トーマスはチーム内でのメンターとしての役割を受け入れ、ロッカールームのリーダーとして若手の多いチームを支え続けた。

そのトーマスを迎え入れたのがウィザーズだ。リーダーとしての資質こそ、ウィザーズ指揮官のスコット・ブルックスが、トーマスをチームに迎え入れた理由。『Sports Illustrated』とのインタビューで、ブルックスは「昨シーズンの彼は、シーズン終盤にはコンディションが戻っているように見えた。しかし、ナゲッツは西の首位争いをしていた時期だった。ウチにポイントガードが必要だったのは分かっていたことだから、ナゲッツの試合はチェックしていたよ。アイザイアは、素晴らしいリーダーシップを発揮していた」と語った。

「まるでアシスタントコーチのようだった。チームを導き、タイムアウトの時も、自分の目の前でプレーしている選手に声をかけていた」

「私からすれば、彼の行動は勝者の証だ。簡単にやれることではない。私も、現役時代に彼のようなポジションにいた。チームメートに声をかけたくない時だってあったさ。それでも、チームにとってプラスとなる行動を取らないといけない。彼には、その資質がある」

ウィザーズでどれだけプレータイムが与えられるかは分からないが、コート内外でチームのまとめ役になってくれるのは間違いない。トーマスも、自身のリーダーシップを誇っている。だが彼の目標は、『セルティックスの王』と呼ばれた頃のフォームを取り戻すこと。

『小さな巨人』の復活を信じているブルックスも、プレーと行動でチームを引っ張るトーマスに期待している。

「彼は彼の復活を信じないアンチではない。もし彼がNBAでプレーできないと思っていたら、ここまでたどり着くこともなかった」