現地9月4日(日本時間9月5日)、2019年のNFLシーズンが開幕する。

 ここ数年の特徴としては、「パス偏重」だったリーグに変化が見られるようになった。アメリカンフットボールのオフェンスにおいて、まさに「原点」とも言えるランプレーの価値が見直されているのだ。



セインツの強力な攻撃を支えるRBアルビン・カマラ

 たとえば昨季、スーパーボウル王者となったニューイングランド・ペイトリオッツは、フィーチャーバック(エースRB)こそ置かないまでも、複数のRBを駆使して効果的なラン攻撃をしかけるようになった。また、スーパーボウルで敗れたロサンゼルス・ラムズも、スターRB(ランニングバック)のトッド・ガーリーが躍進を支えた。

 パス偏重がラン偏重になった、というわけではない。近年の傾向として肝要なのは、パスとランの双方のバランスを保つことにより、相手ディフェンスの的を絞りにくくさせることが、勝利への近道となってきたのだ。

 1990年代前半のダラス・カウボーイズは、スーパーボウルを3度も制するなど全盛を誇っていた。その強さを支えていたのは、QB(クォーターバック)トロイ・エイクマン、RBエミット・スミス、WR(ワイドレシーバー)マイケル・アービンのオフェンス陣。このトリオを指して、「トリプレッツ」なる言葉が生まれた。

 オフェンスの主要3ポジションである「QB」「RB」「WR」にバランスよく好選手を揃えると、チーム力は格段に飛躍する。今シーズンを占う基準として、どのチームが優れた「トリプレッツ」を擁しているかを見ていきたい。

 最初に取り上げたいチームは、ニューオーリンズ・セインツだ。毎年優勝を狙う力がありながら、ここ2年はポストシーズンで涙を飲んだ。2017-2018シーズンはゲーム終了間際のミスで勝利をさらわれ、2018-2019シーズン審判の判定ミスによって敗北を喫している。

 しかし、セインツのトリプレッツがリーグ最強であることに異を唱える関係者は少ない。今年もスーパーボウル進出の最有力候補なのは間違いなく、「3度目の正直」を狙う。

 QBドリュー・ブリーズは昨季、パス成功率で74.4%という、とてつもない数字を残した。この数字は彼の力量もさることながら、WRマイケル・トーマスとRBアルビン・カマラという強力なサポーティングキャストがいたからこそでもあった。

 トーマスは卓越した捕球技術を持っているため、ブリーズも思い切って速いパスを投げこむことができる。オフには5年総額1億ドル(約110億円)の契約延長を結び、リーグ最高給のWRとなった。

 また、カマラの存在も極めて大きい。ディフェンダーのタックルをすり抜ける独特のラン技術と、秀でたパス捕球技術を兼ね備えている。相手からすれば対策の立てにくい、非常に厄介な選手だ。この3人の奏でるオフェンスは、NFLで最もダイナミックだと言ってもいいだろう。

 セインツのトリプレッツが抜きん出ているため、それ以下の序列をつけるのは容易ではない。ただ、「ダイナミックさ」という点では、セインツと並んでカンザスシティ・チーフスも注目だ。

 MVPに選出されたQBパトリック・マホームズ中心に、昨シーズンは1試合リーグトップの平均35.3得点をマークし、レギュラシーズン12勝4敗の好成績を収めた。マホームズを支える残りふたりのトリプレッツは、TE(タイトエンド)トラビス・ケルシーとRBダミアン・ウィリアムズだ。

 とりわけ、マホームズとケルシーとのホットラインは「NFLで最も止められないコンビネーション」と称される。ただ、昨季まで正RBだったカリーム・ハントは、暴行騒ぎを起こして解雇となった。ウィリアムズの力量はハントより落ちると予想されるが、新たに結成されたニュートリプレッツに期待したい。

 また、今シーズンはロサンゼルス・チャージャーズのトリプレッツも推したい。37歳ながら昨季キャリアトップクラスの成績を残したQBフィリップ・リバース、長身かつ高いパスの捕球能力が飛び抜けるWRキーナン・アレン、そして加速力が武器のRBメルビン・ゴードンのトリオだ。

 ところが、移籍を希望するゴードンは練習に参加しておらず(本稿執筆時点)、開幕から欠場する可能性もある。ただ、この3人が無事に出揃えば、1994年シーズン以来(当時はサンディエゴ・チャージャーズ)のスーパーボウル進出も見えてくるだろう。

 一方、1990年代に黄金期を極めたダラス・カウボーイズは現在、他のチームとは異なるバランスのトリプレッツ(QBダク・プレスコット、RBエゼキエル・エリオット、WRアマリ・クーパー)を構築している。というのも、セインツやチーフスはブリーズやマホームズといったQBが中心であるのに対し、カウボーイズの中心を担うのはRBのエリオットだ。

 圧倒的なパワーでラインの穴を突いてグラウンドを駆け抜けるエリオットは、リーグでトップ3の実力を誇るラッシャーだ。その豪快なスタイルは、1980年代~1990年代のRBを彷彿とさせる。近年のカウボーイズはポストシーズンで弱さを見せていたが、今シーズンはいかに。

 そして最後に、クリーブランド・ブラウンズの名前も挙げておきたい。

 ブラウンズは間違いなく、21世紀以降のリーグ最弱球団だ。直近でプレーオフに進出したシーズンは2002年。それ以前だと、1994年までさかのぼらなければならない。2017年にはシーズン0勝16敗という不名誉な記録も残している。

 そんな万年弱小チームだが、今シーズンは思いのほか周囲の期待度が高い。それは、魅力的なトリプレッツが成長してきたからだ。

 2018年ドラフトの全体1番目指名で入団したQBベイカー・メイフィールドと、同年2巡目全体35位のRBニック・チャズの活躍によって、昨シーズンのブラウンズは7勝8敗の好成績を残せた。そして今オフ、大物WRオデル・ベッカム・ジュニアをトレードで獲得。突出したパス捕球能力を持つベッカム・ジュニアの加入により、ブラウンズはついに強力なトリプレッツを完成させた。

 2014年のドラフト1巡目全体12位でニューヨーク・ジャイアンツに指名されたベッカム・ジュニアは、故障の多さやオフフィールドでの素行の悪さが懸念される一面もある。だが、メイフィールドとのホットラインが成熟すれば、リーグ屈指のオフェンスとなるだろう。今シーズンのブラウンズは「台風の目」になる可能性を秘めている。

 もちろん高いディフェンス力も、上位進出を狙うに欠かせない要素だ。だが、現在のNFLが「オフェンス有利」であることに変わりはなく、勝負どころで加点できるかが勝負のカギとなるのは間違いない。2020年2月2日、フロリダ州マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムで行なわれる「第54回スーパーボウル」に勝ち上がってくるのは、どのトリプレッツを擁するチームか。