TEAM
拓 大
早 大
(早)田中星、森田、○今西―小藤、重田
◇(二塁打)瀧澤

 東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)開幕まで2週間を切り、残すところわずかとなった夏季オープン戦。選手たちの士気も上がる中、早大のホーム安部球場で拓大との試合が行われた。初回、早大打線が機能する。相手のミスも絡みながら4安打で4点を先制。その後は先発の4、2番手・森田直哉(スポ2=早稲田佐賀)、3番手・4がそれぞれ力強い投球で相手打線を無失点に抑え、4―0で勝利する結果となった。


1軍でのアピールが続いている先発・田中星

 試合は初回、早大の攻撃から動きを見せた。先頭・4の左前打を皮切りに、4の中前打、4の相手一塁手への強襲打と続き、1死満塁とした。絶好のチャンスに早大ナインはさらなる盛り上がりを見せる。ここで4が四球を選び、押し出しで先制。加えて次打者の打席中、相手先発の川船流星(2年)の暴投でもう1点。そこからさらに四球で走者が出ると、4の左適時打でさらに3点目を追加。次打者の三ゴロの間にさらにもう1点をもぎとり、初回に4得点という好調の滑り出しとなった。しかし、2回以降の早大打線は3安打しか放つことができず、得点は初回のみとなった。


初回に左前適時打を放つ吉澤

 守っては2回表。2死からつながれ、2死満塁のピンチを迎えた先発の田中星。このまま相手に得点を許すかと思われたが、ベンチからの「強気!」と呼び掛ける声援がグラウンドに響く。その声援に応えるように持ち前の多彩な変化球とコーナーへの投げ分けで打たせて取り、見事にピンチを切り抜ける。3回までを無失点で抑えた。2番手の森田も2イニングを無失点で切り抜ける。続いて6回から登場した3番手・今西は、キレと高低差を併せ持つ速球とカーブとの緩急を生かして相手打線を封じ込めた。結果、今西は9つの三振を奪うなど4イニングを無失点に抑え、完封リレーで逃げ切った。


4回9奪三振と圧巻の投球を見せた今西

 この日の試合では2回以降、フライアウトになってしまう打席が多く見られた。逆に4得点となった初回の攻撃では、低く強いゴロを飛ばす場面が多く、確実に安打を量産できたことが複数得点につながった。秋季リーグ戦では、この日のような投手陣の奮闘、そして打線がきちんと機能し、つないでいくことがカギとなる。残りの夏季オープン戦も残り4試合。各々(おのおの)が調子を高めると同時に、投手陣が最少失点で抑え、打線がワンチャンスをものにしていくことに期待がかかる。

(記事 高鳥希実、写真 岡すなを、伊藤咲希、山床啓太)

 

夏季オープン戦の日程はから