<写真・フルセットで惜敗した吉田・北本(右)組>

   9月2日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、2019年度関西大学対抗テニスリーグ戦(対姫大)が行われ、関学は通算0勝5敗で敗北した。

 実力が拮抗(きっこう)する姫大との対戦でリーグ戦が幕を開けた。ダブルス1(D1)は、明河(経3)・石川(教2)組、D2は吉田(国3)・北本(人2)組。ともに、今年初めてのペアリングで挑んだ。明河・石川組は、全日本インカレ8強のペアに苦戦。息の合った攻撃に打ちのめされ、ストレートで敗北した。一方、吉田・北本組は、第1セットは流れをつかめなかったが、第2セットでばん回。タイブレークを制し、試合を振り出しに戻したが、ファイナルセットは相手に一歩及ばず。0勝2敗でシングルスへと移った。シングルス3(S3)の石川は、第1セットを0-6で落とした。だが、あとのない状況のチームのために、第2セットに奮起。2-5から追い上げを図ったが届かず、ストレートで敗北し、関学の負けが決まった。続くS2の明河は、相手と激しいラリー戦を繰り広げるも、一歩及ばずストレート負け。S1の吉田も相手の鋭いサーブに苦しめられ、敗北を喫した。これらの結果、関学は0勝5敗。1勝も挙げることができず、痛い黒星スタートとなった。

   次戦は9月4日、同会場にて園田女大とのリーグ第2戦が行われる。

【試合結果】

D1 明河・石川(0-6、3-6)

D2 吉田・北本(3-6、7-6(4)、4-6)

S1 吉田(6(3)-7、2-6)

S2 明河(5-7、3-6)

S3 石川(0-6、5-7)

試合後のコメント

越智優果主将(教4)「今年は、初戦に勝って波に乗りたかったが、また乗り切れなかった。終始リードされていて、関学のペースで試合が運べなかった。関学は、ダブルスが勝利の鍵になる。最低でも1勝1敗にしたかったが、0勝2敗で終えたのが厳しかった。シングルスにもプレッシャーがかかってしまったと思う。次戦の相手、園田女大も単複で出場する選手が多い。互いに体力勝負になるので、走り負けないようにしたい」