リーガ・エスパニョーラ第3節、バレンシア対マジョルカ戦。待ちわびた瞬間がやってきたのは78分のことだった。



バレンシア戦でスペイン1部デビューを果たした久保建英(マジョルカ

 マジョルカはその直前、相手にCKを与えていた。そのCKを待って投入したかったのだろうか。久保建英はベンチ前で少々待たされた。立て続けにもう1本、CKを与えると、今度はレフェリーが給水タイムを指示した。少しでも早くピッチにたちたいという気持ちは焦らされた。

 2本目のCKのピンチを切り抜けると、18歳の久保はバレンシアの本拠地メスタージャでスペイン1部リーグデビューを果たした。輝かしいその第一歩を記したこの場所、この時は、久保にとって忘れられないものになるはずだ。

 その時間帯、すでにマジョルカはバレンシアに2点のリードを許していた。2点ともPKをダニエル・パレホに決められた。マジョルカは序盤こそチャンスをつかんだものの、それを逃したあとは、終始バレンシアのペースだった。昨季リーガ4位、スペイン国王杯優勝のバレンシアはボールを支配しており、PKを得なくても得点をしていただろう。

 久保は3人目の交代だった。アウェーでの0-2は、新人にとってプレッシャーなくプレーできる状況だ。だが右MFに入った久保にはなかなかパスが出てこない。ボールを引き出そうと下がってきても、別の選択肢が使われた。出場から5分後の83分、ボランチからパスを受けた久保はスルーパスを通した。とてつもなく長くも感じられた5分間を経て、ようやく久保はマジョルカの攻撃に参加できた。

 その直後、バレンシアはイ・ガンインを投入する。久保と同年齢で、比較対象になることの多い韓国人プレーヤーだ。バレンシアの下部組織で育ち、すでにトップデビューも果たしている。期待の若手なのだろう。出場と同時にスタジアムは盛大な拍手に包まれ、その直後に中盤をドリブルで切り裂くと、再び大きな歓声が挙がった。

 86分、久保は右サイドでドリブル突破を試みたが、相手のサイドバックに阻まれた。なかなか攻撃に絡めないまま時間が進み、アディショナルタイムは3分。バレンシアのサイドチェンジをマジョルカのディフェンダーがクリアすると、ボールが久保の足元に転がってきたが、久保はボールを出しあぐねてしまった。結局、試合は0-2のまま終了した。

 試合後、マジョルカの広報担当者は、クラブが指定する数名の選手以外の取材を許可しなかった。久保の取材も許可されなかったため、本人の心境はわからない。ただ、うつむきがちに取材エリアを通り過ぎ、バスに乗り込んだ。試合に敗れたにもかかわらず、他の選手が堂々と取材エリアを通り、スタジアムの外でファンへの対応を行なっていたのとは対照的だった。

 日本人では最年少となる18歳での欧州4大リーグデビューは画期的だ。だが本人にとって、それはほろ苦いものだったのかもしれない。デビューしただけで満足できるはずもないだろう。久保のスペインでの戦いは、まだ始まったばかりだ。