1日、新潟競馬場で行われた5R2歳新馬(芝内1400メートル)は、キンシャサノキセキ産駒の3番人気・ロードエクスプレス(牡2、坂口=母クインズラッシュ)が制した。

 互角のスタートから道中は3番手のインでじっくり待機。直線で前を行く2頭の外に持ち出されると、ラスト1ハロンすぎで先頭へ。そのまま後続を突き放し、最後は2着馬(チアチアクラシカ)に3馬身半差をつけるワンサイド勝ちをおさめた。

富田暁騎手のオーストラリアにおける騎乗成績(9月1日)

三浦「距離はマイルくらいでも」

 騎乗した三浦は「返し馬から気性の良さを感じていました。まだ緩さがありますが、体の使い方は上手ですし、そういう中でこれだけのパフォーマンスですからね。いい切れ味があるし、距離はマイルくらいでも良さそうですよ」と振り返った。