2回戦
早大
東大
(早)〇清水、安在-吉田
♢(本塁打)鈴木1号2ラン(5表)、2号ソロ(7表)、3号ソロ(9表)♢(三塁打)須能(5表)

 

 東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)2戦目。1戦目では東大に5-2で敗北と全日本大学選手権(全日)王者らしからぬスタートを切った早大。この試合も敗北したら優勝から遠ざかってしまう。春季リーグ戦、全日に続き3度目の優勝が懸かる早大は背水の陣で挑んだ。この日の早大は前日の覇気のない様子とは違う――。それぞれが声を出してメンバーを鼓舞し、ムードを高めていた。一気にチームが勢いづく。投げては清水佑樹(スポ2=早稲田佐賀)と安在悠真(人1=早稲田佐賀)が緩急のギアを巧みに操る硬軟自在の投球で相手打線を翻弄(ほんろう)し、無失点に抑える。打っては中村康祐(教3=早稲田佐賀)が先制打を含む2安打を、現在絶好調の鈴木涼馬(商4=東京・早実)が3打席連続本塁打を放った。結果、6-0と圧勝し全日王者の貫禄を見せつけた。


先制の2点適時打を放つ中村

 試合が動いたのは2回。3つの四球で2死満塁と好機が到来。ここで打席に立ったのは中村。初球を仕留め中前に打球を運んだ。これが適時打となり、2点を先制した。さらに5回1死の場面で打席には須能浩太郎(商2=東京・早実)。初球を思いきり振りぬき、打球は右翼線ギリギリのところに。それを捕ろうとした右翼手が転倒、その隙に須能は二塁から三塁へ。滑り込んで何とかセーフとなった。好機は巡ってきた。打席には全日優勝の立役者、鈴木。2ストライクと追い込まれた3球目。低めのスライダーを捉え快音が響き渡る。打球はぐんぐん伸び、中堅手の頭を越え柵の外に。ここで2点を追加し、早大ベンチはさらに活気づく。7回、再び鈴木に打席が回ってきた。甘く入ったストレートを叩きつける。左翼方向への打球はまたも柵の外に吸い込まれた。この試合で2本目の本塁打。しかしこの男の快進撃はまだまだ止まらない。9回1死にも、「狙って打った」という本塁打を放った。


鈴木の(左から)1号2ラン、2号ソロ、3号ソロ

 一方、守備も好調。先発の清水は緩急を上手く使い分け、相手打線を翻弄(ほんろう)した。打たれた安打はわずかに3本。安定した投球を見せた。また清水に代わり6回から登板したのは公式戦初登板の安在。6、7回は死球や安打でピンチを背負ったものの、8、9回は落ち着いて投球し相手を打ち取った。『早稲田佐賀リレー』は東大のスコアボードに0を並べ続けた。


リーグ戦初登板で4回無失点と好投した安在

 前日とは打って変わり、東大に大差をつけ王者の貫禄を示した。守備面では『早稲田佐賀リレー』が相手に1点も許すことなく、チームに安心感をもたらした。打撃面では、全日で不調に陥っていた中村がこの試合で2安打を放ち、復調の兆しを見せた。そして今日のヒーローは言うまでもなく、3打席連続本塁打を放った鈴木。「すごい――」。観客席からは感嘆の声が漏れた。次の3回戦も負けられない。勝ち点を取り優勝に近づきたいところだ。

(記事 西山綾乃、写真 姉﨑珠有、池田有輝)


コメント

鈴木涼馬(商4=東京・早実)

――きょうの試合の感想を教えてください

きのう試合に負けて雰囲気が悪かった中で、チームとして切り替えられたことがやっぱり結果に繋がったのかなと思います。

――きのう東大に負けましたが、きょうはどのようなことを意識して試合に臨まれましたか

春(東京六大学春季リーグ戦)も東大の初戦で負けていたのですが、その中で2連勝できていたというのがあったので秋もできるかなと思い、あまり意識することはありませんでした。

――3打席連続本塁打でしたね

3打席目は狙いました。全日(全日本大学選手権)からずっと調子が良かったので、それが今も続いているというのが結果に繋がったのかなと思います。

――3打席目狙ったというのは球種が分かった上でということでしょうか

球種が分かっていたわけではないのですが、2打席連続で本塁打を打ったので、3打席目は点差も開いていたので狙ってみました。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

あした勝たないときょう勝った意味がないので、あした勝って春に続いて連覇できるように頑張りたいと思います。

中村康祐(教3=早稲田佐賀)

――全日では不調でしたが、きょうは待望の先制タイムリーが出ました。振り返っていかがですか

初回に2死満塁で残塁していて、同じ2死満塁で自分の打席に回ってきたので、どうしても先制タイムリーを打ちたいなと思って打席に向かいました。ベンチからの声援も聞こえていたので、いいかたちで打てて良かったです。

――きのうの開幕戦では負けてしまいましたが、きょうはどのような気持ちで試合に入りましたか

きのうはきのうだと切り替えて、きょうから再スタートだとみんなで話していました。

――全日の疲れは残っていますか

結構残っていますね。でもとりあえずあしたの試合を乗り切れば、次の週が空き週なので、あした絶対勝ちたいと思います。

――きょうの試合全体を振り返っていかがですか

ピッチャーが無失点で抑えてくれたので、早稲田らしい野球ができたと思います。りょまさん(鈴木涼馬、商4=東京・早実)がホームラン3本打ったのはすごいですね。自分も負けずにヒットを重ねていけるように頑張ります。

――早稲田佐賀高の後輩たちが活躍されていましたが、先輩としてどのように見ていましたか

清水(佑樹、スポ2=早稲田佐賀)は春(東京六大学春季リーグ戦)からずっといい成績を残して頑張っているので、頼もしいなと思います。安在(悠真、人1、早稲田佐賀)も全日でメンバーに入っていたのですが、投げる機会がなくてうずうずしていたと思います。その中で結果を残せたので、自分もうれしいです。

――あしたの試合に向けて意気込みをお願いします

またピッチャーが試合をつくってくれると思うので、打線がそれに応えられるように頑張りたいと思います。

清水佑樹(スポ2=早稲田佐賀)

――きょうの試合を振り返っていただけますか

全日のときから調子は良かったので、そのままの状態で試合に入れてよかったと思います。

――東大戦できのう負けましたが、きょうはどのようなことを意識して試合に臨まれましたか

いつも通り0で抑えることを意識してやっていました。

――安在選手の投球についてどう思いましたか

あいつは抑えて当たり前の投手なので。どんな形であれ0で抑えられたのは良かったと思います。

――次戦に向けての意気込みをお願いします

あしたとりあえず勝ち点を取ってこのまま勢いに乗れたらいいと思います。

須能浩太郎(商2=東京・早実)

――2試合連続で長打が出ました。打撃の調子はいかがですか

全日で打てなかったこともあり、少しコンパクトに打つことを意識しました。そのようなかたちで今結果が出ているので、この調子で頑張りたいです。

――きのう守備と走塁でミスがありましたが、その二つに関してはいかがですか

全日ではどちらかといえば守備や走塁で貢献していたのですが、バッティングの調子が良くなったら守備と走塁が問題となってきました。そっちも右肩上がりに調子を上げられるように頑張ります。

――あすは勝負の一戦になると思います。あすに向けて一言お願いします

春も(東大戦は)1試合目に負けて2試合目で勝っていて、同じ流れできています。春と同じ優勝の流れに乗れるように、まずはあした一戦必勝で頑張ります。

安在悠真(人1=早稲田佐賀)

――公式戦初登板となりましたが、どのような気持ちでマウンドに上がられましたか

きょうは清水さんがゼロで抑えてくれて。本当は前田さん(直輝副将、スポ4=熊本)が先だったのですが、全日の時からもう投げたい投げたいってうずうずしていて、それで今日実際投げられて。気持ちとしては、もちろんゼロで抑えるつもりで、マウンドではしっかり楽しもうと思って登板しました。

――きょうのピッチングをご自身で振り返って、いかがでしたか

きょうは、ランナーをいっぱい出してしまって、点を取られかけそうになって、そこはまだまだかなって。清水さんみたいに安定したピッチングはできていなかったので、まだまだかなって思いますね。

――6回裏のピンチの場面で捕手の吉田龍平主将(スポ4=東京・小山台)から声を掛けられていましたが、どのようなお話をされたのですか

別に(投球内容は)悪くはなかったので、次のバッターをどう打ちとるかみたいな具体的な作戦ですね。

――ご自身が考える自分のアピールポイントはなんですか

コントロールですね。 コントロールと、度胸!

――清水選手は安在選手にとってどんな先輩ですか

一緒の高校で、すごいわがままでどうしようもない先輩ですけど…。本当に高校の時はどうしようもないピッチャーだったのですが、こっちに来たらすごい覚醒してて、少しはすごいなって思いました(笑)。

――今後の抱負を教えてください

今後はいつ出番が来るかはわからないのですが、与えられた役割でしっかりと、できたらゼロ点で抑えられるように頑張ります。