2019年9月1日
富山G3(最終日)瑞峰立山賞争奪戦

【12R=S級決勝】


1/浅井康太(SS・三重90期)
2/武田豊樹(SS・茨城88期)
3/渡邉一成(S1・福島88期)
4/吉澤純平(S1・茨城101期)
5/小倉竜二(S1・徳島77期)、
6/中本匠栄(S1・熊本97期)
7/田中晴基(S1・千葉90期)
8/杉森輝大(S1・茨城103期)
9/松浦悠士(S1・広島98期)


号砲から武田が飛び出し、482・95・1・3・7・6の細切れ戦。


青板に入り、8番手から単騎の田中がまずは上昇。


田中が茨城3車ラインにフタをする。


赤板突入前から茨城3車ラインの外を並走していた松浦ー小倉ラインも前へ。


しかし、赤板突入と共に、吉澤が外へ持ち出してから一気にスパート。


茨城3車の主導権になると思いきや、松浦ー小倉が武田を捌いたところで打鐘。


武田が分断されたことで吉澤ー杉森の後ろには松浦ー小倉が収まって、残り1周回となる。


渡邉が捲りを放ち、松浦を乗り越えようとする。


だが、松浦も最終BS手前から負けじと捲りを放つ。
最終第2センター手前で松浦ー小倉が渡邉も捌いて、最後の直線で松浦が出切る。


そして、松浦が真っ先にゴール線を駆け抜けて1着。
2着は松浦マークの小倉、3着は中団から追い込んだ単騎の田中。


松浦は6月の取手記念以来、3回目のG3制覇。


優勝=3,600,000円の賞金を上積みして、年末のグランプリへ向けて前進。


自身で動いたレース内容にも納得、価値のある優勝であった。


優勝/松浦悠士(S1・広島98期)
吉澤さんがきたから飛びつきたかったけど、少し踏み遅れてしまった。
オグさんの助けがあったから3番手の位置が取れましたね。
杉森さんもくるだろうと思っていましたけど、それをアテにはしなかった。
一成さんが見えたので、自分でいこうと思いました。
先捲りの杉森さんを乗り越えることができて良かったです。
人気になっていたので、それに応えることができて嬉しい。
そして、シッカリしたレース内容で優勝、オグさんとワンツーを決められた。
1レース、1レースで自分ができることをやるだけだけど、ビッグレースでも今日みたいに走れるように頑張りたい。


レース後、力勝負を挑んだ渡邉も松浦を称賛していた姿が印象的。


【6R=S級企画レース・ブロックセブン】


1/東龍之介(S1・神奈川96期)
2/伊藤裕貴(S1・三重100期)
3/高木翔(S2・岩手105期)
4/國村洋(S1・山口80期)
5/松岡孔明(S2・熊本91期)
6/佐野梅一(S2・京都78期)
7/川口満宏(S2・東京58期)


26・317・54の並び。


青板に入り、後方の松岡ー國村ラインが上昇。


赤板突入で東3車ラインが前を取る。


しかし、第2コーナー過ぎから1度は引いた形となった伊藤がスパート。


そして、伊藤ー佐野が叩いたところで打鐘。


残り1周回、初手と変わらぬ一本棒で通過。


伊藤が逃げる。


それを東3車ラインが追う。


最終BS、逃げる伊藤の後続の差は詰まらず。


だが、第4コーナー過ぎから高木の番手から東が内を突く。
ゴール線手前で東が抜け出して、1着でゴール。
2着には最後の直線で外へ持ち出した東マークの川口が。
3着は伊藤の番手・佐野となった。


1着/東龍之介(S1・神奈川96期)
高木君が前を詰めていくかと思ったけど。
いかなかったので、これはゴール戦前での勝負になるなと。
外に踏もことも頭にあったが、333mバンクだから内が空くかなと。
チャンスもモノにできたし、110点の壁と言うか、110点を超えたところで安定してG1を走りたい。
今日は気持ち良く帰れますね(笑)。