厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第15回:アドマイヤチャチャ

 現役屈指の”個性派”の兄を持ち、早くから脚光を浴びている2歳馬がまもなくデビューを迎えようとしている。栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するアドマイヤチャチャ(牝2歳/父ディープインパクト)である。



兄エタリオウ以上の活躍が期待されるアドマイヤチャチャ

“個性派”の兄というのは、2つ上のエタリオウ(牡4歳/父ステイゴールド)。「最強の1勝馬」と称され、非常にファンが多い1頭だ。

 その通称どおり、エタリオウはいまだ1回しか勝ち星を挙げていない。しかし、その実力は間違いなくトップクラスである。

 同馬は2歳の秋にデビューし、2戦目の2歳未勝利(京都・芝2000m)で初勝利を挙げた。それが、同馬にとって、唯一の勝利となっている。

 その後、500万クラス(現1勝クラス)で3戦連続の2着に終わるも、GII青葉賞(東京・芝2400m)に臨むと、好位から力強く伸びて2着と奮闘。重賞レベルでも戦える力を示して、GI日本ダービー(東京・芝2400m)への切符をつかんだ。

 そして、そのダービーでもスタートで出遅れながら、上がり33秒5の末脚を繰り出して4着と健闘。勝ったワグネリアンとは、コンマ2秒差という好勝負を演じた。

 さらに、秋にはGII神戸新聞杯(阪神・芝2400m)で2着と好走。ここでもメンバー最速の上がりタイムをマークして、ダービー馬ワグネリアンに半馬身差に迫る走りを見せた。

 その結果を受けて、三冠最後のGI菊花賞(京都・芝3000m)では2番人気に支持されたエタリオウ。ファンの期待どおり、中団から伸びて直線に入ると早々に先頭に立った。だが、最後はフィエールマンとの壮絶な叩き合いの末、ハナ差及ばずに2着。またも勝利はお預けとなった。

 こうして、重賞やGIでも勝ち負けを演じながら、栄冠を手にできないエタリオウは、いつしか「最強の1勝馬」と呼ばれるようになった。そして、以降も重賞戦線で奮闘を続けているが、2着止まりで、今なお2勝目を挙げることはできていない。

 そんなエタリオウの妹ゆえ、デビュー前から注目されてきたアドマイヤチャチャ。育成を担当したノーザンファーム早来の村上隆博氏は、春の取材でこんな評価を口にしていた。

「体つきは小柄ですが、筋肉の付き方がすごくよくて、いいモノを持っているオーラがあります。この時期のディープインパクト産駒としては、十分なサイズですし、父の子らしく、これからの成長が楽しみですね」

 また、この馬の走りっぷりについて、村上氏はこう語った、

「動きも、本当にディープの子という雰囲気で、バネの利いたきれいな走りをします。いい切れ味を持っているのではないでしょうか。カイバもよく食べますし、調教を重ねてもへこたれません。距離が伸びても対応できそうな気がします」

 アドマイヤチャチャは、すでに友道厩舎に入厩し、デビューに向けて調整を重ねている。初陣は、9月21日の2歳新馬(阪神・芝1600m)を予定。鞍上はクリストフ・ルメール騎手が務めるという。

 はたしてアドマイヤチャチャは、兄エタリオウと同様、いやそれ以上の輝きを見せることができるのか。目前に迫った初戦の走りから目が離せない。