写真:2勝をあげた吉田雅己/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 8月31日(土)アリーナ立川立飛>

31日、ノジマTリーグで岡山リベッツ(以下、岡山)とT.T彩たまが対戦した。互いにチーム2戦目となった今試合は、岡山が3-2でT.T彩たまを下し、今シーズン初勝利を収めた。

岡山が大激闘制す




写真:2番で勝利した町飛鳥(岡山)/撮影:ラリーズ編集部

1番のダブルスは、黄鎮廷/神(T.T彩たま)が昨季ベストペア賞の上田/森薗(岡山)を2-0で破る金星を挙げる。2番は町(岡山)と松平(T.T彩たま)の日本人対決。互角の戦いとなるも、第3ゲームを7-10から逆転した町がこのマッチを制した。

マッチカウント1-1で迎えた3番、今季初出場の吉田(岡山)と初戦で1勝を挙げたピッチフォード(T.T彩たま)が対戦。吉田がピッチフォードの得意なバックハンドをうまく封じ、ゲームカウント3-0のストレート勝利を収めた。

4番、ダブルスでも対決した森薗(岡山)と黄鎮廷(T.T彩たま)が再び登場。フルゲームの激闘の末、黄鎮廷が森薗を下し、マッチカウントを2-2のイーブンに戻す。

勝負を決めるビクトリーマッチ(1ゲーム限りの延長戦)は吉田と神の対決に。互いのフォアハンドがぶつかり合う大激戦となったが、吉田が神を上回り、チームに今シーズン初勝利をもたらした。

スコア:岡山 3-2 T.T彩たま

上田仁/森薗政崇 0-2 〇黄鎮廷/神巧也
9-11/7-11

〇町飛鳥 3-1 松平健太
7-11/11-7/11-10/11-7

〇吉田雅己 3-0 リアム・ピッチフォード
11-10/11-9/11-8

森薗政崇 2-3 〇黄鎮廷
10-11/11-7/6-11/11-8/8-11

〇吉田雅己 1-0 神巧也
11-6

文:ラリーズ編集部