◆2019年度夏季オープン戦◆

8月29日 対立正大 立大新座キャンパス


粘りの投球を見せた宮崎晃(コ4=県相模原)

初回、満塁のピンチを迎えるが、先発投手の中﨑(観3=立教新座)が三振に抑えた。その裏、金川(社2=立教新座)の安打、盗塁によりチャンスメイクし、次打者の山田(コ1=大阪桐蔭)の二塁打により先制点が入る。6回、再び金川が三塁打を放つ。このチャンスを小野大(文4=横浜)は見逃さず追加点につなげ、立大は勝利を収めた。


試合終了後、笑顔を見せる選手たち

初回、金川の安打、盗塁によりチャンスが訪れる。春リーグ戦では.375と、立大ではトップの打率を誇る山田が次打者だ。打球は左翼に伸び、二塁の金川が本塁を踏んだ。この二塁打により、立大は先制点を獲得することとなった。6回で金川は、右翼方向の頭上を越える長打により、三塁に出塁。一死一、三塁のチャンスを6番打者の小野大は見逃さなかった。打席に立った小野大は、犠打の姿勢で迎え撃つ。打球は遊撃手の手前に落ち、その間に三塁走者は生還した。おしくも小野大はアウトになったものの、追加点獲得に貢献した。

投げては初回、満塁のピンチになるも、先発の中﨑が三振を取る。7回に再び一死満塁のピンチが訪れる。だが救援の宮崎晃の要所を押さえる投球で、遊直と右飛によりあっという間に攻守交代。最後の回では南田(法3=長岡大手)が0安打に抑え、見事無失点のバトンを最後まで繋いだ。
昨年神宮大会覇者の立正大を無失点に抑えた勢いこのまま、残りのオープン戦、秋季リーグ戦でも安定した守備を見たい。

(8月29日 松下ひまり)