「(試合を終えて)解放感でいっぱい。長く卓球をやっているが、ビクトリーマッチは常にものすごく緊張するし、胃が痛い。でも勝った時にしか味わえないこの解放感は最高。新加入した選手と、昨年の選手とともに2連覇できるように頑張りたい」

 8月29日、東京・アリーナ立川立飛。国内外のトップ選手を集めたTリーグの2シーズン目が開幕した。昨シーズン初代MVPを獲得し、2連覇がかかるチームのキャプテンを務める水谷隼は、試合後のインタビューでホッとした表情で話した。



Tリーグ開幕戦で強さを見せつけた水谷

 開幕戦のカードは男子の初代王者・木下マイスター東京と、昨シーズン2位の岡山リベッツ。今シーズンを占ううえでも重要なこの対戦は、水谷が2勝を挙げる活躍などで、開幕戦を勝利で飾った。

 初戦はダブルスからスタート。木下は丹羽孝希・張本智和ペア、岡山からは昨シーズンのベストペア賞を受賞した上田仁・森薗政崇ペアが登場した。1シーズン目ではダブルスで”勝率8割越え”という圧倒的な強さを誇る最強ペアが、世界ランキング日本人1位(張本)と2位(丹羽)のペアに挑んだ。

 だが、岡山のダブルスの強さは変わっていなかった。1ゲーム目は「開幕戦の雰囲気に慣れずにミスをしてしまった」と試合後に上田が話したように、緊張で思いどおりのプレーができずに落としたが、2ゲーム目からは落ち着きを取り戻し、本領を発揮。ゲームカウントを1-1にすると、その勢いのまま最終ゲームも制し、2-1で第1マッチを勝利で飾った。

 ダブルスについて森薗は「1ゲーム目の負けた内容を2ゲーム目以降に生かし、自分たちでうまく戦術転換することができた」と勝因を挙げ、「相手は東京五輪に出る可能性のあるペア。この一戦で勝つことができたのは自信になった」と喜びを語った。

 先制を許した木下は、大黒柱である水谷が第2マッチに登場。対する岡山は、昨シーズン張本を2度破るなどブレイクを果たした吉村和弘だった。

 1ゲーム目から、なかなかエンジンがかからない吉村に対して、水谷はフルスロットル。サーブから試合を優位に進め、強烈なドライブを連発。戦術に対応できず後手後手となった吉村をそのまま押し切り、水谷が11-3で先取した。

 2ゲーム目以降も、その勢いは止まることを知らない。吉村も徐々にエンジンがかかり、前半は5-5と接戦を繰り広げるが、その後は水谷が思い切りのいいドライブで得点を重ね、11-6でゲームを連取。続く3ゲーム目も安定した攻撃でリードを保ったまま11-8で奪い、圧巻のストレート勝ちをみせた。

 まさにキャプテンとして大車輪の働きを見せた水谷は、「今日はフォアハンドのミスが少なかったことが良い結果につながった」と試合を振り返った。

 続く第3マッチは、木下は今年の全中国選手権シングルスで優勝した39歳のベテランカットマン、ホウ・エイチョウ。そして岡山は、今シーズンから新加入した町飛鳥が登場した。1ゲーム目から落ち着きを見せた町は、緩急をつけたドライブでホウを揺さぶり、相手のミスを誘発。そのまま流れを掴み、11-6で先手を取った。だが、2ゲーム目からはホウにペースに握られてしまう。町はホウの多様な戦術、キレたカットの回転に対応し切れず、そのまま3連続でゲームを落とし、Tリーグデビュー戦を白星で飾ることができなかった。

 マッチカウント2-1で勝利に王手をかけた木下は、ここでエースの張本を登場させ一気に試合を決めにかかる。しかし、そこに待ったをかけたのが、ダブルスで初戦を取ったペアの一角、森薗だった。

 1ゲーム目は森薗がダブルスでの勢いそのままに、張本を攻め立てる。躍動感のあるフットワークに、思い切った両ハンドの攻めを見せ11-9で第1ゲームを奪った。だが、2ゲーム目は徐々に勢いづいてきた張本が積極的な攻めを見せる。打点の速いライジングドライブや強烈なフリックなどで6ポイントを連取するなど、11-7でゲームを取って1-1のタイに戻した。その後も一進一退の攻防が続き、森薗、張本がそれぞれ1ゲームずつを奪取。試合は、最終ゲームまでもつれ込む白熱の展開となった。

 カウント6-6から始まる最終ゲームは、なんとサービスエース2本で8-6と森薗がリード。そこから張本が巻き返して8-9と逆転にするも、すぐさま森薗が3連続ポイントを奪い、11-9で森薗に軍配が上がった。これが張本戦初白星だという森薗は、試合をこのように振り返った。
「久々に卓球が楽しく感じた(笑)。というのも、Tリーグ前にブルガリア、チェコと世界大会に行き、状態が悪い中でも自分なりに必死にやって、ある程度の結果は残した。でも、自分の卓球が一切変わっておらず、変化していかないと今後勝てないことをコーチの助言で気づかされた。僕自身、どうしたらいいのかわからず、自分の卓球に自信が持てなかったなか、今日の試合では勝つことができた。チキータだけに頼らず、フォアでレシーブすることを貫いて、新たなスタイルで結果を残せたことは、今後に生きてくると思う」

 その言葉どおり、レシーブやサーブで変化を見せた森薗の戦術に張本は対応できずにいた。これからはダブルスだけでなく、”シングルスの森薗”としての進化にも注目していきたい。

 そしてマッチカウント2-2で迎えた最後のビクトリーマッチ。この試合はわずか1ゲームで勝敗を決するルールだ。木下は第2マッチで圧勝した水谷、岡山からは上田が登場。両チームのキャプテン同士の対決となった。大事な一戦が始まる直前、水谷はあることに気づく。
「彼(上田)の手が震えていたので、自分より緊張しているな、と」

 そう感じた水谷は、序盤から一気に流れを引き寄せるべく、何度も強烈なドライブを叩き込む。5-1で前半を折り返し、そこから上田の巻き返しで5-4とされるが、粘り強いプレーで再び水谷がリードを広げる。最後は上田のミスでマッチポイントを飾りビクトリーマッチを勝利。見事、開幕戦を白星に導いた。

 2戦とも圧倒的な実力差を見せて、勝利した水谷。試合後の会見では「今日は楽しみながらやれていて、やりがいもあった。多くの観客の前で、声援も大きくて、すごく刺激になった」と感想を述べ、「自分たちがもっといいプレーをして、Tリーグを盛り上げていきたい」と意気込みを語った。

 また、来年の東京五輪に向けて「トレーナーと一緒にハードなトレーニングを積んでいて、体のキレはジャパンオープンの時よりもいい。シャトルランは今までで一番いい記録が出た(笑)」と状態の良さをアピール。続けて「東京五輪にはうちのチームから3人が出る可能性が非常に高い。(張本と丹羽と一緒に)メダルを獲得したい」と木下の3枚看板で表彰台に立つことを目標に掲げた。

 開幕戦にふさわしい大接戦でスタートした2年目のTリーグ。五輪代表候補の対戦など、今シーズンならではの見どころは多数ある。その中で、水谷ら注目選手がどれだけリーグを盛り上げていくのか。話はまだ早いが、今シーズン以降のTリーグの継続・発展には、彼らの活躍は欠かせない要素となってくる。シーズン終了まで、一球一打、見逃さずに注目していきたい。