関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)が、いよいよ開幕する。関東学生春季リーグ(春季リーグ)では怪我人や体調不良者に悩まされ、目標の4位に一歩及ばず5位でリーグ戦を終えたワセダセブン。秋季リーグではどのような活躍を見せてくれるのだろうか。

 3位以内に入ってインカレのシード権を獲得するという目標を掲げて臨む秋季リーグ。春の5位から上位進出し、3位に食い込むためには攻守ともに成長が不可欠だ。春季リーグでの攻撃面の大きな課題の一つに、速攻が挙げられる。「春は速攻からの得点がほとんどない状態だった」(杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)というほど課題であった速攻を、早関定期戦以降重点的に強化。速攻の精度を高めて、新たな得点パターンを作ることができるか。また、春の大きな得点源であったセットオフェンスもさらに強化されたようだ。「セットオフェンスではソニー相手に通用した部分があった」と杉山主将は自信をのぞかせる。春季リーグの後半は、エースの吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)が負傷離脱した穴を埋まらず、攻めあぐねる場面も見られた。秋季リーグでは、復帰したエースとさらに磨きをかけたセットオフェンスにも期待したい。


試合形式の練習後、話し合う選手たち

 新戦力にも注目だ。ことしの4月に入部したものの、怪我の治療で出遅れていた佐藤優花(スポ1=東京・佼成学園女)がついに復帰しチームに合流。高校時代、総体優勝や世代別日本代表選出の経験を持つスーパールーキーは、早大にどのような風を吹かせるか。秋季リーグでは本職のポストを務める紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)にも期待がかかる。春季リーグではチーム事情によって様々なポジションを経験したオールラウンダーが、本職でさらなる輝きを放ってくれるだろう。攻撃を牽引するであろう吉田、阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)の両エース、抜群の安定感を誇る両サイドの杉山主将、衣川直緒(社3=愛知・星城)、絶対的な守護神である大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)を始めとする層の厚いキーパー陣、チームの司令塔で流れを変えるミドルシュートを突き刺す岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)、練習中から大きな声でチームを盛り上げる衣川紗菜(スポ3=愛知・旭丘)。他大学に比べて人数は多くない早大だか、選手層は春から大きく厚みを増した。それぞれが持てる力を存分に発揮し、上位に食らいついていけるか。


活躍が期待される佐藤優花

  4年生にとっては最後のリーグ戦でもある秋季リーグ。夏で大きく成長したワセダセブンが、『日本一』という最終目標に向けて、まずは秋季リーグで3位以内を目指す。

(記事、写真 稲葉侑也)

杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)

――秋季リーグ開幕直前ですが、チームの雰囲気はいかがですか

ソニーの合宿に行って、そこでそれぞれ勝つんだという気持ちができたと思うので、そこをきっかけに秋に向けて上がってきてると思います。

――春季リーグを終えて、改めて秋季リーグ、インカレの目標を教えてください

秋季リーグが3位以上でインカレのシード権を取ることで、インカレが優勝です。

――チームが成長した点はどこですか

春は速攻の点数がほとんどない状態だったんですけど、早関定期戦が終わった後からは速攻の点数を伸ばすことを意識して練習しました。セットオフェンスではソニー相手に通用した部分があったので成長した点かなと思います。

――目標を達成するためにまだ足りない部分などはありますか

バックチェックです。ミスからの逆速攻が多いので、ミスで終わらないようにするのもそうだし、ミスしても失点しないようにする守り方が重要になってくると思います。

――ポイントになりそうな試合はありますか

初戦の日体大戦だと思っています。春の上位4チームの中では一番点差の少なかったチームでもあるし、初戦ということでそこから波に乗れるか乗れないか関わってくる大事な試合になると思います。

――秋季リーグの注目選手を教えてください

紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)です。春はずっと正ポジションじゃないところでやってもらってたんですけど、その中でもチームに貢献してくれていて。秋からは2枚目とポストがメインになってくると思うんですけど、オフェンスの起点でもあり、相手エースの前のディフェンスでもあるので鍵になると思います。

――最後に、秋季リーグへの意気込みをお願いします

春は1試合戦うので精一杯だったんですけど、秋はもう言い訳できないので1試合ずつ頑張って行きたいと思います。