写真:神巧也(T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 8月30日(金)アリーナ立川立飛>

30日、ノジマTリーグでT.T彩たま(以下、彩たま)と琉球アスティーダ(以下、琉球)が対戦した。

全4試合の内、ダブルス以外のシングルス3試合がすべて最終ゲームに持ち込まれる大熱戦。観客のボルテージも最高潮に達し、選手が繰り広げる1つ1つのラリーに歓声が鳴り止むことはなかった。

神巧也が朱世赫との大激戦を制する

1番のダブルスで彩たまの黄鎮廷/平野友樹ペアがミスの少ない堅実なプレーで李平/木造ペアをストレートで下す。

2番では今シーズンから新加入のリアム・ピッチフォードも期待に応える。琉球のエース吉村に1-2とリードを許す展開となったが、そこから切り替えてゲームオールデュースの大激戦を制した。

3番の黄鎮廷と村松雄斗の対戦は、両者粘り強いプレーで長いラリーの応酬となった。要所で攻撃を交え、点を重ねた村松が2番同様ゲームオールデュースで格上の黄鎮廷に勝利した。

4番の神巧也と朱世赫の一戦は、本日1番盛り上がった試合と言えるだろう。3番もドライブマン対カットマンの構図ではあったが、それとはまた違う質のラリーを展開した。

神はとにかくフルスイングでパワードライブを打ち続け、朱がとことん守る。神にミスがでないため、朱はリスクを負って攻撃するしかなかった。柔と剛の戦いは、紙一重の差で剛の神に軍配が上がった。




写真:朱世赫(琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

スコア:T.T彩たま 3-1 琉球アスティーダ

◯黄鎮廷/平野友樹 2-0 李平/木造勇人
11-5/11-9

◯リアム・ピッチフォード 3-2 吉村真晴
11-10/7-11/7-11/11-8/13-11

黄鎮廷 2-3 ◯村松雄斗
8-11/11-6/10-11/11-9/10-12

◯神巧也 3-2 朱世赫
7-11/11-7/11-7/8-11/11-9

文:ラリーズ編集部