写真:石川佳純(KA神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 8月30日(金)大阪府立体育会館>

30日、ノジマTリーグ2019-2020シーズンの開幕戦、木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)が前年王者の日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)を3-2で下し、開幕戦を勝利で飾った。日本生命は主力の平野美宇を欠くも、田志希(チョンジヒ)と早田ひながシングルスで勝利を挙げ、先に王手を懸ける。しかし、後がなくなったKA神奈川は4番・5番で大黒柱の石川佳純が連勝し、昨年プレーオフのリベンジを果たした。

チケット完売で満員となった女子開幕戦




写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

3046人の大観衆が集った2ndシーズン女子開幕戦。

1番のダブルスはワールドツアーでも結果を残している長﨑美柚/木原美悠(ともにKA神奈川)がフルゲームの末勝利を挙げる。しかし、続く2番、3番シングルスでは日本生命が昨季王者の意地を見せ2連勝。

王手をかけた日本生命からは森さくら、一方勝利が絶対条件となるKA神奈川からはエース・石川が4番のシングルスに登場。

なかなか調子の上がらない石川に対し、森が第1ゲームを奪うと第2ゲームも序盤は6-3と森がリードする展開に。しかし、タイムアウトを機に石川が息を吹き返す。4連続ポイントで第2ゲームを奪うと、冷静なプレーでそのまま勝利を収めた。

対戦成績は2-2となり、勝負の行方はビクトリーマッチ(1ゲーム限りの延長戦。以下、VM)に委ねられることとなった。

3番のシングルスで圧巻の勝利を挙げた早田ひな(日本生命)と前の試合に勝利し、勢いに乗る石川が対戦。この対戦のコールに会場のボルテージは最高潮に。9-10と石川がマッチポイントを握った場面で、「緊張していた」と早田がチャンスボールをオーバーする痛恨のミス。「絶対に優勝したい」(石川)と強い気持ちで臨むKA神奈川が大事な開幕戦を勝利した。

スコア:日本生命 2-3 KA神奈川

陳思羽/前田美優 1-2 ◯長﨑美柚/木原美悠
9-11/11-8/8-11

◯田志希 3-2 杜凱琹
11-4/10-11/10-11/11-7/11-8

◯早田ひな 3-1 木原美悠
11-2/11-6/6-11/11-7

森さくら 1-3 ◯石川佳純
11-10/8-11/3-11/3-11

早田ひな 0-1 ◯石川佳純
9-11

文:ラリーズ編集部