J1リーグ第24節終了時点で、サガン鳥栖は16位と沈み、残留争いの真っ只中にある。

 何より、開幕からの低迷が重く響いている。ルイス・カレーラス前監督体制では、第10節まで1勝1分8敗。成績も酷いが、それ以上にプレー内容が惨憺たるものだった。

「FWは守備をしなくていい」

 それは、アトレティコ・マドリード時代の後輩であるフェルナンド・トーレスへの気遣いだったのか。その結果、相手に簡単にボールを持ち運ばれ、サンドバック状態になった。失点を重ね、攻撃も空転。ポゼッションを志向し、「ダイレクトでつなげ!」とバックラインに指示したが、相手を十分に引きつけていないために、易々とプレスをはめられて自滅した。

 だが、「今は選手のストロングを活かせるようになっている」と鳥栖の選手が洩らしているように、状況は一変した。

 金明輝監督が就任して以来、上位との対決が多かったにもかかわらず、リーグ戦では6勝2分6敗。着目すべきはプレーの明確化にある。ピッチの中でひとりひとりが何をすべきか、それが浸透しつつあるのだ。

 スペイン時代も失敗続きで、人望もなかったカレーラスが続投していたら……降格のカウントダウンが始まっていただろう。



選手たちから厚い信頼を寄せられている金明輝監督(サガン鳥栖)

「(金)明輝さんになって、クロスが入ってくるようになりましたね」

 金体制で再び脚光を浴びる鳥栖のエース、豊田陽平は説明している。8月11日のセレッソ大阪戦では、その真骨頂を見せた。1点をリードされる展開で、残り10分足らずの出場だったにもかかわらず、まずは強い守備で相手をたじろがせ、林大地が同点にする狼煙を上げると、最後は豊田自ら左足でゴールを決めて、逆転勝利の立役者になった。

「明輝さんは『トヨが入った時は、ストロングを活かせ!』と練習から周りに伝えてくれています。自分も求めるようになりましたが、なにより周りの意識が変わり、クロスが入るようになりましたね。自分が入った瞬間、周りも準備をするというか……。その意味で、自分以外の選手も特徴を出せるようになりました。サッカーをやれている、という幸せを感じています」

 カレーラス体制で、豊田はほとんど起用されなかった。しかし、金体制になると少ない出場時間ながら3得点。かつて鳥栖をJ2から昇格させ、J1に定着させた地力を示している。

<選手の能力をチームプレーヤーとして使い切り、成長も促す>

 そこに金采配の光明がある。J1の監督を見渡しても、選手マネジメントは屈指だ。深刻な不振にあった選手が回復し、不当に定位置を追われていた選手が力を発揮している。

「残留戦という意味では、去年の方が厳しかった。(残り数試合で)サイコロを振るような戦いはもうしたくないですね。去年よりも積み上がっているものはあるし、今は手応えを信じられます」

 金監督の信頼を受け、バックラインから攻守両面で任務を遂行する小林祐三は、確信を込めて語っている。小林も、金監督になってからポジションを取り戻した選手だ。

「明輝さんは選手を公平に見てくれますね。だから、ラッキーボーイも出てきやすい。練習でよければどんどん使ってもらえる。(セレッソ戦で同点弾を決めたFWの林)大地はいい例だと思います。どうやってボールを受け、進み、ゴールに入れるか。そこがはっきりしてきました。自分たちのサッカーに固執せず、相手を見ながら微調整し、一方で自分たちが能動的によさを出せるように、と」

 基本的なポジション取りや動き方が徹底され、やるべきことが明確化されて、自然と選手のプレーが改善した。不遇をかこっていた高丘陽平、安庸佑が台頭し、チアゴ・アウベス、金森健志ら移籍組もチームに適応。プレーモデルのなかで個性を見せ、その戦い方は融通無碍(ゆうずうむげ)だ。

「下がるな!」

 金監督は基本姿勢としてそう言う。腰が引けたら、勝利はおぼつかない。豊田は前から守り、小林は高い位置で攻める。攻守一体、トータルサッカーとも言える。

 金監督の采配は、「鳥栖らしさ」をアップデートさせつつある。鳥栖で選手としてプレーしただけでなく、ユース年代を指導しており、まさに適役だ。指導者として、コーチではなく監督一筋だけに、ストレスのかかるなかで決断し、集団を束ねることができる。

「間違っていることは間違っている。誰であっても、それは言う」

 そう語る金監督は、スーパースターであるトーレスに対する接し方でも変わらなかった。そのおかげで選手全員の信頼を得られた。集団の運営に不可欠なのは公平性だ。

 昨シーズン終盤、金監督は残り5試合を3勝2分けで乗り切り、九死に一生を得て残留を果たした。ただ、勝ち負けの保証はない。8月31日は、本拠地でベガルタ仙台と対戦。残留に向けて綱渡りの戦いは続く。