写真:木下マイスター東京メンバー/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019-2020シーズン 8月29日(木) アリーナ立川立飛>

8月29日、ノジマTリーグ2019-2020レギュラーシーズンの男子開幕戦が行われた。昨シーズン王者の木下マイスター東京(以下、KM東京)と岡山リベッツ(以下、岡山)が対戦。KM東京が水谷の2勝を挙げる活躍などで、開幕戦を勝利で飾った。

KM東京 vs 岡山リベッツ 各マッチの解説

ヴィクトリーマッチへともつれ込む大熱戦となった男子開幕戦。各マッチを解説する。

1番:丹羽孝希/張本智和 1-2 森薗政崇/上田仁




写真:森薗政崇・上田仁(岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部

記念すべき2ndシーズンの初得点は張本の強烈なバックハンド。第1マッチの1ゲーム目は張本/丹羽ペアが主導権を握る。張本がYGサーブを上手く使い、森薗のチキータの威力を弱めることで丹羽の速攻に繋げる。1ゲーム目は11-5でKM東京ペアが先取した。

2ゲーム目は、昨季ベストペア賞の森薗/上田ペアの台上プレーの安定感が目立ち、11-9で岡山ペアが取り返す。序盤からのリードを最後まで守りきった形だ。

最終ゲームとなる3ゲーム目は6-6から始まる。森薗/上田ペアはミスのない堅実なプレーで10-7とマッチポイントを掴むと、最後は上田の思い切ったチキータが張本のフォアサイドをノータッチで抜けて試合終了。世界ランキング5位の張本と10位の丹羽の世界屈指のペアを破った。

2番:水谷隼 3-0 吉村和弘




写真:水谷隼(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

1ゲーム目、エンジンのかからない吉村とは対照的に、水谷隼はエンジン全開。サーブからの展開でもレシーブからの展開でもラリーを優位に進め、11-3と水谷が吉村を圧倒した。

2ゲーム目は、徐々に勢いが出てきた吉村が水谷を台から下げさせ、得点を重ねていく。しかし、水谷のミスのなく思い切ったプレーの連続で点差は開き、このゲームも11-6で水谷が取った。

3ゲーム目も水谷の勢いは止まらない。サーブや台上プレーから先手を取り、先に攻めていく。吉村は台から下げさせられプレーに安定感がどうしても欠けてしまう。終始水谷のリードで試合は進み、このゲームも11-8で水谷に軍配。KM東京の大黒柱が3-0で勝利を収めた。

3番:侯英超 3-1 町飛鳥




写真:侯英超(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグ初出場の町が2019年の全中国選手権シングルスで優勝した侯英超を相手にする第3マッチ。

1ゲーム目、町が侯英超を前後左右に揺さぶる。侯英超の攻撃にミスが目立ち、町が11-6で幸先よく第1ゲームを先取。

2ゲーム目からは侯英超のペースに。1ゲーム目こそ攻撃のミスが多かった侯英超だが、無理に打たずにミスを減らした。攻撃のミスが減れば、カット主体のラリーが中心となっていく。

町も「ツッツキとカットの変化がわかりづらくて、今まで対戦したカットマンと全然タイプの違う選手」と語るように、侯英超の回転量の変化に対応することができなかった。ラリーは続くが最終的に得点を重ねた侯英超がこの試合を3-1で制した。

4番:張本智和 2-3 森薗政崇

張本が勝利すれば木下マイスター東京が、Tリーグセカンドシーズン開幕戦勝利という戦いであったが、森薗が意地を見せ、ラストのヴィクトリーマッチ(1ゲーム限りの延長戦)に望みをつないだ。

1ゲーム目、ダブルスの勢いさながらに森薗の思い切った両ハンドが張本を襲う。9-5と森薗が大量リードを奪うも張本も黙ってはいない。張本のミスのないプレーに森薗が焦り、サーブミスやカウンターミスで9-9と追いつかれる。ここから張本が2本連続でミスをし、このゲームは11-9で森薗が先取した。

2ゲーム目は張本のペースだ。持ち前の打点の早いプレーで森薗を台から下げさせミスを誘う。また、一撃で抜き去るバックハンドも火を吹いた。このゲームを11-7で張本が奪い、1-1のタイにもどした。

3ゲーム目、1ゲーム目の勢いが戻ったかのように森薗が気合のこもったプレーを展開。思い切ったチキータからの展開で次々と得点を稼いでいく。張本は後手に回ってしまい、このゲームを8-11で落とした。




写真:森薗政崇(岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部

4ゲーム目、後のない張本は果敢に攻めていく。森薗のストップが少しでも甘くなれば積極的にフリックで攻撃。レシーブ時も威力のあるチキータを打ち込み、このゲームを圧倒した。

6-6から始まる最終ゲームは、サービスエース2本で8-6と森薗がリード。そこから張本が巻き返して9-8と逆転するも、またしても森薗がサーブで得点し9-9。張本のフリックミスで10-9と森薗がマッチポイントを握った場面、張本のチキータがミスになり、最終ゲームまでもつれた熱戦に終止符が打たれた。

VM:水谷隼 1-0 上田仁




写真:水谷隼(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグセカンドシーズンの開幕戦は、ヴィクトリーマッチにもつれる大激戦に。大事なヴィクトリーマッチは、木下マイスター東京からは水谷、岡山リベッツからは上田とチームの大黒柱同士がぶつかるオーダーになった。

試合は水谷がスタートダッシュを決め、5-1で前半を折り返す。そこから上田も巻き返し5-4と水谷に迫る。しかし、百戦錬磨の水谷は簡単には追いつかれずに、粘り強いプレーで点を重ねていく。互角のラリーを展開するも最終的には水谷が得点するという形が多くなり、水谷が上田を振り切った。

Tリーグセカンドシーズン開幕戦は3-2で木下マイスター東京が勝利を収めた。初戦からヴィクトリーマッチにもつれる大熱戦となり、今後の対戦もファンは観ていて楽しい試合になることが予想される。

水谷隼のヒーローインタビュー




写真:水谷隼(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

「友人や家族が来ている中、開幕戦で2勝することができて嬉しい。吉村戦はフォアハンドの調子がよく予想よりも簡単に勝つことができた。ヴィクトリーマッチに関しては自分自身かなり緊張していたが、相手(上田)の手が震えているのが見えて、自分よりも緊張していると感じ、思い切ってプレーすることができた」

KM東京 3-2 岡山リベッツ

丹羽孝希/張本智和 1-2 ○上田仁/森薗政崇
11-5/9-11/7-11

○水谷隼 3-0 吉村和弘
11-3/11-6/11-8

○侯英超 3-1 町飛鳥
6-11/11-7/11-8/11-7

張本智和 2-3 ○森薗政崇
9-11/11-7/8-11/11-4/9-11

○水谷隼 1-0 上田仁
11-6

文:ラリーズ編集部