夏競馬も、はや最終週。ラストを飾るのは、GIII新潟記念(9月1日/新潟・芝2000m)となる。

 夏のハンデ重賞とあって、これがまたひと筋縄では収まらないレースだ。過去10年で、1番人気は2勝、2着2回、3着0回、着外6回と、馬券に絡む確率は5割に満たない。おかげで、3連単では好配当が続出。10万円超えの高配当が7回も出ている。

 こうした傾向について、スポーツ報知の坂本達洋記者はこう分析する。

「基本的には、実績馬と新興勢力の力関係をどう判断するか、そしてハンデ戦という点が、予想のポイントになります。ただ、実績馬は秋への始動戦ということもあり、仕上がっていない状態にあったり、一方の上がり馬も、夏の暑さが堪えて状態が落ちていたり、といったことがしばしばあります。それが、波乱が起きる要因となっているのではないでしょうか」

 加えて、坂本記者はトップハンデの馬について、こんな見解を示した。

「過去10年でトップハンデの馬は、2011年にナリタクリスタル(57.5㎏)が勝利し、2016年にアルバートドック(58kg)が2着に入っていますが、昨年のレースで7着に終わったセダブリランテス(57.5kg)をはじめ、おおよそ馬群に沈んでいます。だからといって、軽ければいい、というわけでもないんですけど……」

 何はともあれ、専門家も頭を悩ます難解なレースであることは間違いない。言い換えれば、このレースをうまく仕留められれば、高配当をゲットできる可能性が高い、ということだ。

 そうして、坂本記者が「穴馬」として推すのは、センテリュオ(牝4歳)だ。トーセンスターダムらを兄に持つ良血馬で、ここまで通算10戦して、重賞以外では連対を外していない。



重賞初制覇を狙うセンテリュオ

「オープン入りしたばかりの前走、GIIIマーメイドS(6月9日/阪神・芝2000m)では、1番人気に支持されながら4着に敗れました。それでも、中2週と間隔のないローテだったことを考えれば、後方からしぶとく追い上げたことは評価できます。勝ち馬とはコンマ4秒差で、力をつけていることは明らかです。

 今回は、ノーザンファームしがらきでリフレッシュして、8月15日に栗東へ帰厩。1週前追い切りでは、坂路で終(しま)いに鋭い動きを見せて、体調はよさそうです。

 2走前の1600万下(現3勝クラス)・下鴨S(5月19日/京都・芝2000m)で、メンバー最速の上がり32秒8をマークして快勝しているように、瞬発力勝負にも対応可能で、初めての新潟コースも合いそう。53㎏の軽ハンデと状態のよさを加味すれば、重賞初制覇のチャンスは大きいように思います」

 坂本記者はもう1頭、オススメの馬の名前を挙げた。

「サトノキングダム(牡6歳)です。デビュー2連勝後は、なかなか勝ち切れず、出世が遅れていましたが、近5走は1着、2着、1着、2着、1着と好走を続けてオープン入り。体質面を含めて、しっかりとしてきた印象です。

 同馬も、ケンタッキーダービー、ドバイワールドカップを制したアニマルキングダムの半弟という良血。その血筋がいよいよ目を覚ましてきたか、という感じがあります。

 さらに、新潟コースは4戦1勝、2着2回、着外1回と相性がよく、昨年の500万下(現1勝クラス)・新発田城特別(新潟・芝1800m)では、上がり32秒7という末脚を繰り出して圧勝。このコース適性の高さと、今の勢いからして、見逃せない存在だと思います」

 こうして2頭の推奨馬について語ったあと、坂本記者は最後にこう付け加えた。

「ちなみに、センテリュオとサトノキングダムは、いずれもディープインパクト産駒です。実は、このレースでは過去5年、ディープインパクト産駒が3勝、2着2回、3着1回と好成績を残しています。やはり、新潟の外回りコースで、父譲りの鋭い切れ味がフルに生かせるのでしょう。瞬発力ある2頭への期待はますます膨らみます」

 デイリースポーツの大西修平記者も、まずはディープインパクト産駒を推す。

「サトノワルキューレ(牝4歳)です。ここ3戦は大敗を喫していますが、GII金鯱賞(11着。3月10日/中京・芝2000m)は長期休養明け、GII阪神牝馬S(9着。4月6日/阪神・芝1600m)とGIヴィクトリアマイル(13着。5月12日/東京・芝1600m)は距離不足と、それぞれ敗因は明らかです。

 今回は、およそ3カ月半の休養でリフレッシュ。帰厩後は、攻め馬でも暑さをものともしない活気ある動きを見せており、仕上がりは申し分ありません。

 新潟の外回り芝2000mという舞台なら、序盤はゆったりと流れやすく、追走が楽になる可能性が高いため、持ち味を発揮しやすいはず。左回りというのも、好条件です。

 秋の大目標は、GIエリザベス女王杯(11月10日/京都・芝2200m)とのこと。収得賞金を考えれば、確実に出走できるとは限らないので、ここできっちりと賞金を加算しておきたいところです。そういう意味でも、勝負気配を感じています」

 大西記者ももう1頭、ブラックスピネル(牡6歳)を穴馬候補に挙げた。前走のGIII七夕賞(7月7日/福島・芝2000m)では14着と大敗を喫したが、はたして巻き返しはあるのだろうか。

「七夕賞では、ハナに行かずに好位からの競馬を展開。結局、直線でも伸び切れず、14着と惨敗しました。その結果を見ても、現状では(ハナに)行き切ったほうが持ち味は生かせるように思います。とくに今回は徹底した先行型の馬が不在。逃げる競馬が十分に可能です。

 新潟の芝2000mは、3走前のGIII新潟大賞典(4月29日)で経験。その時は、ハナを切って5着に粘りました。同じ左回りの芝2000m戦では、年明けのオープン特別・白富士S(1月26日/東京・芝2000m)で逃げ切り勝ち。条件的にもまったく問題ないでしょう。

 今回は乗り替わりとなりますが、同馬の持ち味をよく知る松若風馬騎手が鞍上を務めます。このコンビで勝ち鞍もあり、マイナス要素はありません。気分よくマイペースで運ぶことができれば、押し切りがあっても驚きませんよ」

 夏休みの最後に、どデカイ花火を打ち上げるのは、どの馬か。その候補がここに挙げた4頭に中にいるかもしれない。