大会2日目を迎えた関東学生選手権(夏関)。早大からは女子シングルス2回戦に4人が出場した。下地奈緒(社3=沖縄尚学)、田中李佳(スポ2=兵庫・相生学院)がストレート勝ちで2回戦を突破。倉持美穂(商3=東京・早実)もフルセットの接戦を制し3回戦進出を決めた。一方、ダブルスでは1回戦に臨んだ倉持・田中李組がストレートで敗戦。森川菜花副将(社4=山口・野田学園)・渡邉早和子(社1=愛媛・新田)組もファイナルセットのタイブレークをものにできず、2回戦敗退となった。

★倉持、下地、田中李が3回戦へ(女子シングルス)


接戦を制し、2回戦を突破した倉持

 下地、田中李は順調に勝ち上がった。下地は相川貴子(立大)相手にファーストセットを6−1で先取。セカンドセットに入るとミスが目立ち始め、苦しい時間帯が続いたが、第8ゲームに持ち味である軽快なフットワークからドロップを織り交ぜるなどラブゲームでブレークに成功。続くゲームも手堅くキープし、6−3でストレート勝ちを収めた。田中李はショットに力があり、ラリー戦で常に優位に立った。得意のバックハンドのストロークやストレートのリターンも光り、相手を寄せ付けず6−0、6−1の完勝で2回戦を突破した。

 倉持はファーストセットを3ー6で奪われる苦しい立ち上がり。それでもセカンドセットでは厳しいコースを正確に突くショットが戻り始めると、ゲームカウント4−2とリードして迎えた場面から長いラリー戦を立て続けに制し、このセットをカウント6ー2で取り返した。ファイナルセットも一進一退の展開が続いたが、カウント5−4で迎えたリターンゲームをブレークに成功。接戦を制した倉持が3回戦へと駒を進めた。

 原口沙絵(山梨学院大)と対戦した渡邉は球際の強さや正確なショット、深く食い込むストロークなどでファーストセットは相手を寄せ付けず。原口のミスもあり、1ゲームも落とさずにカウント6−0と先取した。しかし、セカンドセットに入ると相手も修正を見せ始め、「攻め急いだり、ラリー中もたまに足が止まってしまうことがあった」(渡邉)とこのセットをタイブレークの末に落とし、勝負をファイナルセットへと持ち込まれた。ファイナルセットでもセットカウント2ー2からミスもありブレークを許すと、その後のサービスゲームをキープされ4−6と逆転負け。「細かい部分なんですけどそういう(攻め急いだり、足が止まってしまう)ところが大きな課題かなと思います。あとは気持ちです」と敗戦を振り返った渡邉。悔しい負けを喫した渡邉だが、この敗戦は飛躍に向けての糧になるはずだ。

★森川・渡邉ペアは勝利にあと一歩手が届かず(女子ダブルス)


勝利にはあと一歩及ばなかったが、強敵に対し互角の戦いを見せた森川・渡邉組

 この日試合に挑んだ女子ダブルスの2組は悔しい結果に終わった。1回戦で清水里咲・谷井涼香組(駒大)と対戦した倉持・田中李組。早大の中でも実力者同士のペアは躍進が期待されたが、ファーストセットはミスが目立ち、2−6で献上してしまう。セカンドセットでは倉持の精度の高いショットや田中李の力強いストロークなど持ち味を見せ始めたが、セットカウント3−2からブレークを決められ逆転を許すと、「仕掛けるタイミングが相手の方が早かったりもして、受け身になってしまった」(田中李)とそのまま反撃の糸口を見出すことはできず、4−6でストレート負けを喫した。

 3回戦に臨んだ森川・渡邉組は南文乃・朝倉菜月組(亜大)と対戦。この日は森川のネットプレーやストロークが冴え、強敵ペアに対しファーストセットを6−3で奪うと、セカンドセットもカウント1−4から4ゲームを連取して一気に逆転に成功した。しかし、迎えたサービング・フォー・ザ・マッチのゲームをブレークされると、ここから2ゲームを立て続けに奪われ、土壇場でファイナルセットへと持ち込まれた。「取らなきゃいけないゲームを簡単に落として、相手に流れが行ってしまった」と振り返った森川。スーパータイブレークでもカウント6−3から7ポイントを連取され、敗戦。勝利を目前にしながら、あと一歩手が届かなかった。

 この試合をもって最後の個人戦を終えた森川。「今こうして本戦で戦えたということは自分なりに試行錯誤してきて良かったなという部分ではあるんですけど、やっぱりもうちょっと勝ちたかったですね」。森川の表情と言葉には悔しさと充足感が同居していた。集大成となる最後の団体戦へ向けては「私は全戦全勝で行くつもりなので。4年生がそういう気持ちをつくっていかないといけない立場だと思いますし、選手には危機感を持たせて、全試合引き締めて挑みたい」と改めて決意を口にした。

(記事、写真 林大貴)

結果

女子シングルス
▽2回戦
◯下地奈緒 [6−1、6−3] 相川貴子(立大)
◯田中李佳 [6−0、6−1] 竹本萌乃(明大)
◯倉持美穂 [3−6、6−2、6−4] 森川奈穂(日体大)
●渡邉早和子 [6−0、6−7、4−6]  原口沙絵(山梨学院大)


女子ダブルス
▽1回戦
●倉持美穂・田中李佳 [2−6、4ー6] 清水里咲・谷井涼香(駒大)

▽2回戦
●森川菜花・渡邉早和子 [6−3、5−7、6−10] 南文乃・朝倉菜月(亜大)


コメント

森川菜花副将(社4=山口・野田学園)・渡邉早和子(社1=愛媛・新田)

――試合を振り返っていかがですか

森川  全体的に悪くはなかったと思います。リードした時にもう1ゲーム離せなかったり、自分たちでチャンスを潰してしまった場面があって、それが敗因かなと思います。ブレークした後のサービスゲームをキープできなかったり。取らなきゃいけないゲームを簡単に落として、相手に流れが行ってしまったと思います。

渡邉 悪くはなかったんですけど、要所要所で強気のショットだったり、前に出るプレーができなくて、引いてしまった部分があって。試合中も終わった後に後悔するだろうと思って強気に行こうと思っていたんですけど、それもできなくて。自分の力の無さを痛感しました。

――予選から組んできて、ペアとしてはいかがでしたか

森川  ペアリングはバッチリだったかなと思います。組んでいて楽しかったですし。ただあと一歩届かないところが似ているというか、私たちが今レギュラーで勝てなくて、メンバーに入れていない一つの共通点がちょっと出ちゃったかな?

渡邉 そうですね。

森川 そこをもう少し強気とか、一本入れるとかができればそこに食い込んでいけると思うんですけど。やっぱり似てるなって思いながらやっていました(笑)。

渡邉  4年生ということもあって、最初は緊張していたんですけど、でも試合をこなしてきて、菜花さんが引っ張ってくれるので、やりやすくもなってきて。今回は負けたら菜花さんの最後の個人戦ということもわかっていたので、勝ちに行くことができなくて悔しいです。

――シングルスもあと一歩のところで勝利を逃しました

渡邉  セカンドセットから流れが悪くなりました。ファーストセットは自分が良かったというよりも相手が悪かったので。セカンドセットに急に相手が入れてくるようになってからこっちもすぐにミスするようになって。多分攻め急いだり、ラリー中も足が動かなくなってたまに止まってしまうことがあって、細かい部分なんですけどそういうところが大きな課題かなと思います。あとは気持ちですね。

――森川選手は今年は1年生と組んできました

森川 助けてもらっている部分が多いので、別に自分が引っ張ろうという気持ちはなくて、1年生にリラックスしてやってほしいという思いはありました。二人とも試合をこなすに連れてすごく良くなっていたので、多分(笑)。わからないけど、良くなった?

渡邉  良くなりました(笑)。

森川  そこはうまくコミュニケーションをとってできたので、1、4年生だからということで特別な気持ちは感じなかったですね。ただ1年生はすごく大事な時期だったので勝たせてあげたかったなという気持ちは終わってから出てきましたね。

――最後の個人戦を終えて、率直な心境としては

森川  そうですね、1年目は育成層からのスタートだったので、とりあえず何が何だかわからないけど頑張って。今こうして本戦で戦えたということは自分なりに試行錯誤してきて良かったなという部分ではあるんですけど、やっぱりもうちょっと勝ちたかったですね。特にダブルスはチャンスがあったので、どこかでタイトルも欲しかったですし、もう一歩行きたかったなという後悔じゃないけど、願望というか、いけたなって。やり残したことはないですし、頑張ったんですけど、試合中のメンタルの部分とか、もうちょっと練習中に考えてやっていたらもう少しいけたんじゃないかなっていう思いはありますね(笑)。いやー、勝ちたかったな。今回優勝できたよ(笑)。

渡邉 きょうもそんなに悪くなかったですし、菜花さんめっちゃ良かったですよね。

森川 悪くなかった、きょう?

渡邉 本当に良くて、菜花さん。自分もそれに続きたかったです。いつも練習されていて、それをいつも見ていますから、すごい努力している姿を。勝ちたかったです。

森川 勝ちたかったなー。

渡邉  1−4から5−4にできて。そこ普通勝つでしょっていう(笑)。

森川 そういうところだよね、多分(笑)。でも渡邉はまだまだこれからなので、相当伸びると思っているので、私はそれを見守っておきます。

――森川選手は最後の、渡邉選手は初めての団体戦が控えていますが、そこへ向けては

森川  4本取ればいいじゃなくて、私は全戦全勝で行くつもりなので。4年生がそういう気持ちをつくっていかないといけない立場だと思いますし、これからは自分だけじゃないので、みんなのこともちゃんと見て。これからは選手層を見る立場になると思うので、特に選手には危機感を持たせて、全試合引き締めて挑みたいと思います。

渡邉 正直リーグとか初めてで、わからないというのが正直なところなんですけど、その中でサポートでも選手でもとにかく目の前の1ポイントに対して全力で。とにかくこの一球に懸ける。私も懸けたいと思いますし、みんなで。早稲田が負ける姿は想像できないので、とにかく勝ちたいです。

田中李佳(スポ2=兵庫・相生学院)

――ダブルスは倉持選手と組んでいらっしゃいましたが、振り返っていかがですか

どんな人と組んでも私あまり変わらないんですけど(笑)。難しいですね、ダブルス。ミスをした時に自分はあまり相手のプレーとかを深く考えたりしないんですけど、美穂さんは考えていて、次こうしようとか結構言ってくれたので、「こういうことも考えないといけないのかな」と思いましたね。

――駒大ペアに対してストレート負けとなりましたが、試合振り返って

最初はこっちの簡単なミスが多くて、簡単にポイントとかゲームを与えてしまっていたんですけど、徐々にミスは減ってきたんですけど、仕掛けるタイミングが相手の方が早かったりもして、受け身になってしまいましたね。相手がストレートを仕掛けてくることも多かったので、そこはちゃんと待って、返すということや簡単なポイントを与えないように意識しましたね。

――今大会の位置付けとしては

インカレ前からケガをしていて今大会も不安はあったんですけど、出るからには一試合でも多く勝ちたいという思いですね。

――ここまでのシングルス試合を振り返って

自分の中ではいいテニスができているのかなと思います。ただ少し大事にいきすぎている部分もあるので、もう少し自分から打ちにいったほうが相手にプレッシャーを与えられるかなと思うんですけど、自分の中では悪くないですね。

――今後に向けて一言お願いします

夏関は他の大会に比べれば優勝しやすい大会だと思うので、優勝してリーグにつなげられるようにしたいです。