写真:水谷隼(KM東京)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019-2020シーズン 8月29日(木) アリーナ立川立飛>

卓球・ノジマTリーグ2019-2020シーズン開幕戦、1マッチを追いかける木下マイスター東京(以下、KM東京)の水谷隼が、岡山リベッツ(以下、岡山)の吉村和弘をストレートで下し、マッチカウントを1-1にした。

全日本V10の水谷が本領発揮




写真:水谷隼(KM東京)/撮影:ラリーズ編集部

第1マッチのダブルスを奪われ、何としても流れが欲しいKM東京は水谷に望みを託す。対する岡山は、昨季に張本智和からも勝ち星をあげている吉村を置いた。

第1ゲームは水谷がワンサイドゲームで先制。吉村をうまく台から下げて、得点に結びつけた。続くゲームも序盤は同じような展開が続いたものの、徐々に吉村にもエンジンがかかり始める。しかし全日本V10の水谷はこの勢いも止めきり、第2ゲームも11-6で奪い勝利に王手をかけた。

何とか流れを変えたい吉村は、台に近い位置をキープした早い打点でのプレーに切り替える。しかし、百戦錬磨の水谷はこの吉村の作戦にも見事な対応を見せ、攻めてよし守ってよしの好プレーでマッチを3-0のストレートで締めくくった。

これでマッチカウント1-1となったTリーグ2019-2020シーズン開幕戦。続く3番では、今年の全中国選手権チャンピオンに輝いた侯英超(ホウエイチョウ・KM東京)と2014全日本2位の町飛鳥(岡山)が対戦する。

スコア詳細




写真:吉村和弘(岡山)/撮影:ラリーズ編集部

KM東京 1-1 岡山
丹羽孝希/張本智和 1-2 ○上田仁/森薗政崇
11-5/9-11/7-11

○水谷隼 3-0 吉村和弘
11-3/11-6/11-8

文:ラリーズ編集部