パラリンピック開催が1年後となった8月25日(日)、東京・渋谷のNHKホールで「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー」が開催された。

まずは東京2020パラリンピックマスコットのソメイティが登場。ソメイティがパラリンピック全22競技に取り組む約2分30秒のアニメーションが初公開された。渋谷のスクランブル交差点、新宿の高層ビル、東京スカイツリー、富士山など日本の名所をさり気なく背景に盛り込み、躍動感あふれる映像でパラリンピックへの興味を掻き立てる。

オープニングパフォーマンスはKREVAさん。日本ボッチャ協会公認応援ソングである「居場所」を熱唱し、ボッチャの杉村英孝選手(左)・廣瀬隆喜選手(右)と共演。「東京2020パラリンピックまであと1年! みんなで応援しに行きましょう!」の言葉に会場も盛り上がる。

主催者の挨拶では森喜朗東京2020組織委員会会長が「ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる」とジョン・レノンの名言を引用してパラリンピックへの参加を呼びかけた。小池百合子東京都知事、来賓のドゥエーン・ケール国際パラリンピック委員会(IPC)副会長(前列中央)、菅義偉内閣官房長官もそれぞれ挨拶。壇上にはメダリストのマルクス・レーム選手(陸上競技)、国枝慎吾選手(車いすテニス)、上地結衣選手(車いすテニス)の姿も。

鳥原光憲日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)会長(後列左から2人め)は、東京2020パラリンピック開幕日である8月25日を「ジャパンパラリンピックデー」と宣言して、大会のレガシーを未来に発展させていくことを誓った。

続いて東京2020聖火リレー公式アンバサダーの田口亜希さん(元射撃選手)、石原さとみさん、サンドウィッチマン(伊達みきおさん・富澤たけしさん)がステージに。聖火ランナーユニフォームを初披露し、オリンピック終了後の移行期間に行われる聖火リレーについてPRした。

47都道府県すべてで独自の方法で採火されて東京で1つの聖火になることや、「Share Your Light」(あなたは、きっと、誰かの光だ。)のコンセプト、新しいパートナーシップとして3人1組で走るスタイルを紹介。「オリンピックの熱を各地の採火イベントで高め、ワクワク、期待しながらパラ聖火リレーをいっしょにつくりあげていきましょう」と石原さん。

注目の東京2020パラリンピックメダルデザインも発表に。宮田亮平メダルデザイン審査会座長(文化庁長官、金工作家)を始め、審査に関わった高橋尚子さん(元陸上競技選手)、河合純一さん(元競泳選手)などが集まり、デザインを手がけた松本早紀子さん(博報堂プロダクツ)が招かれる。

会場全員が見守る中、ポップアップでメダルが登場。松本さんは「人々の心を一つに束ね、新しい風を吹かせる扇をモチーフにしました。アスリートの胸にたくさんの方の思いがこもったメダルが輝く姿を今から楽しみにしています」とコメント。

この後は『チコちゃんに叱られる!』(NHK総合)でおなじみの、チコちゃんタイム。「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の定例パフォーマンスの後、この日、新聞各紙に掲載された「ねぇねぇ、知ってる? パラの開会式って、凄いらしいよ。」の広告を見せながら「とにかくパラの開会式は凄いと肝に銘じておいて」と巧みにアピール。「そんな開会式の雰囲気をチラ見せしちゃおうかと思います!」とチコちゃんが言うと、ステージに4人のアーティストが。

椎名林檎さん、Mummy-Dさん(RHYMESTER)、峰尾紗季さん(前列左)、鎗田雄大さん(前列右、ともにラブジャンクス)の4人が、ラップや歌、ダンスを組み合わせたパフォーマンスで観客を魅了。

1曲だけのパフォーマンスにチコちゃんが「気に入っちゃった~。けどちょっと短くない?」とクレームすると、「これをたたき台に皆さんで作っていきたい」とパラ開会式の音楽をプロデュースする椎名林檎さんがアンサー。「チコも入っていい?」(チコ)「もちろん。そのかわり、リリックを紡いでいただいて…」(椎名)という絶妙なやりとりで会場を沸かせ、セレモニーは幕を閉じた。

セレモニーの後には聖火リレー公式アンバサダーの記者会見が。N.ハリウッドのデザイナー、尾花大輔さんがデザインを監修したランナーユニフォームには「途切れることがなくつながっていく市松模様によって聖火がつながっていく様、集結していく思いや熱意」が表現されている。「黄金色のユニフォームは暖かさ、光、包み込むような安心感…体温を感じるデザインですごく素敵だなと思いました」と石原さんも絶賛した。

この日はNHKホールに隣接する代々木公園で体験型のカウントダウンイベント「みんなのスポーツ×ファンフェスティバル」も開催された。パラリンピックのメダリストが集結して陸上競技、車いすテニスなどのデモンストレーションや競技体験も行われた。「ボッチャアカデミー」にはAKBチーム8の岡部麟さん、吉川七瀬さん、大西桃香さんが参加。ボッチャ協会事務局の新井大基さんがルールやテクニックを解説し、誰もが楽しめるボッチャにトライした。

さらには注目競技ということで、森組織委員会会長、菅官房長官、ケールIPC副会長らがメダリストとチームを組んでゲームを披露する場面も。選手からはアプローチ、プッシュ、ロールオンなどさまざまな技が繰り出され、盛り上がった。夏休みも終盤の日曜日ということもあり、会場には親子連れの姿も目立ち、和やかなムードですべてのイベントが終了した。