写真=Getty Images

ジャーニーマンとなりつつあるベテラン

8月28日、ベテランポイントガードのホセ・カルデロンが現役引退を検討しているという噂が流れた。

だが、ほどなくしてカルデロン本人が噂を否定。Twitterに「今朝報じられた件についてハッキリさせておくと、誰も自分にコンタクトを取っていない」と投稿した。

「僕は今もフリーエージェントの立場で、練習を続け、NBAの来シーズンについて考えながら、自分と家族にとって適切と思える機会を待っている」

2018-19シーズンはピストンズに所属したカルデロンは、49試合に出場して平均2.3得点、2.3アシストを記録。来月38歳になるものの、過去ラプターズ、マーベリックス、ニックス、レイカーズ、ホークス、キャバリアーズ、ピストンズを渡り歩いた経験も豊富で、シーズン開幕までに3番手のガードとして獲得を検討するチームが現れるかもしれない。

今のところ、カルデロンには海外リーグでプレーする意思がないと見られ、NBAチームからのオファーを待ち続けている。

同世代のジャマール・クロフォード、ジョー・ジョンソンの去就も不透明だが、彼らのように、いつ呼ばれても即対応できるベテランの動向は、NBAチームもモニターしているはずだ。