昨年秋から発足した現体制において、最後の大会となるインカレ(全日本総合選手権)。そんな最後の大勝負での命運を握るといっても過言ではないのがバッテリーであることは言うまでもない。そこで今回は、投手陣の精神的支柱ともいえる廣瀬夏季(スポ4=北海道・とわの森三愛)、左腕エースとして抜群の安定感を誇る伊藤貴世美(スポ3=千葉経大付)、剛球が持ち味の増田侑季(スポ2=香川・高松南)の3投手に加え、公式戦の全試合でスタメンマスクをかぶり、投手陣を知り尽す川崎楽舞(スポ4=千葉・木更津総合)の計4選手にここまでの戦いぶりからプライベートな話に至るまで、様々なことをうかがった。

※この取材は8月20日に行われたものです。

春リーグでは本来の力が出た


正捕手として投手陣をまとめ上げる川崎

――春季リーグ戦以降のここまでの戦いぶりを振り返っていかがですか

川崎 春季リーグ戦は3位になっただけなんですけど、特に富士大戦や国士舘大戦では結構自分たちの力が出たというか、これが本来の自分たちの実力なのかなと感じられたので、あれくらいの粘り強さをインカレ(全日本総合選手権)でも出していけたらと思っています。東日本(東日本選手権)や全日本(全日本総合選手権東京都予選)での自分たちは、本来の自分たちではなかったかなと思っています。

廣瀬 春リーグに関しては、国士館大戦で思ってもみなかった展開になったりして自分の中でもう少し頭を整理しようかなとか考えたりしたのですが、最終的にはみんなに助けてもらえてやってこれたのかなとは思います。

伊藤 個人的にはけが明けで、練習試合で投げずに本番を向か合えてしまって、どうなるのかなと心配だった部分が大きかったのですが、ぎりぎりの試合を勝ててきたので、自分もできる限りのことは出せたと思います。みんなも積極的なプレーをしてくれていたのでチームとして総合力で勝ってこられたのかなと思っています。

増田 春リーグでかなり打たれてしまい、その中で課題が見つかって自分がどうすればよいのはというのが見えてきた大会だったなというのは感じています。

――では皆さんの春リーグからのここまでのプレーは100点満点にすると何点になるかを教えていただけますか

一同 えー採点するのー(笑)

川崎 私に関しては春リーグの国士館大戦の決勝タイムリーを打ったときのを100点とすれば、そのあととどんどん下がっていって、東日本の時はたぶん2点しか取れてない…。ちょっと反省点ばかりの試合でしたね…

――トータルするとどのくらいになりますか?

川崎 えーみんな何点って言ったんだろう(笑)。まあここは日本人らしく謙虚に35点くらい?(笑)

――だいぶ辛口ですね(笑)。ちなみに増子さんは70点とおっしゃっていました

川崎 まじ!? 実は35点と言いつつ本当は65点くらいなんですですよねー

廣瀬 何それ、30点プラスってめっちゃ上げるやん(笑)

――では廣瀬さんはいかがですか

廣瀬 自分は春リーグの国士館大戦が結構自分の中で響いているので28点ですね

伊藤 めっちゃ低い!赤点じゃないですか(笑)

――では伊藤さんは何点ですか?

伊藤 まあ45点くらいですかね

川崎 嘘つけー! いいピッチングばっかりしてたくせにー!

伊藤 いやいや。春リーグの東京富士大戦や東日本の初戦はまずまず良かったんですけど、(東日本)の2戦目に5点も取られてしまいました。自分たちがここさえ乗り切ればというところで出鼻をくじかれた感じがあって、これがだいぶ響いているのでこの点数にしました。

増田 私はほぼマイナスからのスタートだったので、20点あればいいかなと思っています。

川崎 なんかみんな低い感じですけど、野手はヒットを打てたり、いいプレーができたりというので評価しやすいんですけどピッチャーは打たれても勝ちがついたり、抑えても負けてしまうことがあるので、点数にするのは難しいんだと思います(笑)。まあインカレはみんな100点って胸を張って言えるように頑張ります!

――川崎さんは公式戦全試合スタメンマスクだったと思うのですが、体への負担とかはなかったですか?

川崎 実は私お酒がめちゃくちゃ好きで、ほぼ毎日飲んでるから、それでストレスがなくなってます。だから全然疲れないです(笑)。

――伊藤さんは東日本でこそ打たれてはしまいましたが、ここまでそれ以外では安定感抜群のピッチングを披露されました。好調の要因は何だったのですか?

伊藤自分的には、けがをしたことが逆に良かったのかなと思っています。これまではピッチングをする側の目線でしか物事を見れていなかったのですが、一歩引いてベンチから全体を見たときに、相手やチーム全体の動きやどういう目的で試合運びをしようとしているのかなどを考えるようになりました。それによって支える立場の気持ちも理解できるようになったので、そういう部分を踏まえてまた1から作っていこうと思えたことが良かったのだと思います。

――廣瀬さんは先発の柱であり、また投手として出場しないときは野手として4番を任されることも多くまさに『二刀流』の活躍をされてきています。それにあたって投手として出場するときと、野手として出場するときとで、調整方法などは変わったりするのでしょうか

川崎 結構走ったりもするので、三刀流ですよ(笑)。

廣瀬 やめてー(笑)。調整の仕方は根本的な部分では変わらないんですけど、先発したときは、まず初回をどう抑えるかということを第一に考えて、そのためにどう肩を作っていくかだったり、どういう配球で攻めていくかを考えているので、完全に投手業に集中した調整をします。投げずにクリーンアップを任されたときは、先発投手を楽にさせるためにポイントゲッターとしてどのように得点するかを第一に考えています。

――増田さんはここまでを通して本来の実力をあまり発揮できていないという印象を受けましたが要因は何だったと思われますか

増田 一番大きいのは、わたしという人間が頑固だということだと思うんです。自分がこうだって考えちゃうとそれが正しいという風に思っちゃうので、それが一番悪かったのかなと思います。そこで、調子が悪くて打たれ始めたときに考え方を変えたり、自分の引き出しを増やしたりしたことで、ちょっと良くなってきたかなという感じはあります。

――東日本での2回戦敗退という結果に関してはみなさんどのように受け止めてらっしゃいますか

川崎  もちろん早い段階で負けてしまったことはとても悔しいですけど、逆にあの敗戦があったからこそ、それを糧にここまでチーム全体として密度の高い練習が出来ていると思っています。みんなが変わるための良い反省材料になりました。

廣瀬 いいところも悪いところも両方出た試合だったと思います。

――印象に残っている試合を教えてください

伊藤 良かったのは東京富士大戦です。3回やったんですが、全部自分が投げたのでそろそろ飽きたなと思いました(笑)。全部全体的にいい試合ができたのであの試合は良かったなと思います。最悪だったのは富士大の試合です。なので、その2つが印象に残っています。あとは国士舘戦で4番バッターにホームランを打たれたことをすごく覚えています。その後は三振を取ったんですけど、ちゃんと落ちたのにスイング上に入ってしまって(ホームランを)打たれたので絶対にその球を投げないようにしようという後悔があります。

増田 春リーグ(東京都大学連盟春季リーグ戦)の日体戦が悪かったのですごく印象に残っています。そこで登板させてもらえて課題が見つかったからこそ、「こうしないとな」と思ったので、課題が見つかったという意味で自分のためになる試合だったなというので印象に残っています。

――今年度は男子ソフトボール部が好成績を収めていますが、男子部の活躍に刺激を受けることはありますか

川崎 キャプテンの増子(奈保、スポ4=東京・日で)がこないだぽろっと「男子に負けたくない」って言っていました。男女は結構いい関係なので、「(男子ソフトボール部を)マジで応援しているけど、負けたくない」って。同じ(気持ち)です。負けたくないです。今まで負け続けていたので。

廣瀬 勝っている成績を見ると去年のインカレから「すごいな」というのは純粋にあります。でもそれと同時に「なんで勝つんだろうな」という素朴な疑問があります。「なんでうちらは勝てないのかな」という悔しい気持ちがそうさせているのかなと思います。

伊藤 自分はピッチャーなので打撃というよりピッチングにやっぱり影響を受けたかなと。ピッチャーの子が同期なので、持ち球の話とかどういう組み立てでやっているかとかどういうふうに打ち取ったのかという話をたまに聞きます。下のボールが有効だとか、出し入れの話とかをします。向こうも男子の中ではスピードがあまり速い方ではなく系統が似ているので、その辺で自分もそういうふうに打ち取りたいなと思います。

増田 男子はすごく結果を残していて、めっちゃ打っていますし、守備も勝手なイメージなんですけど安定しているイメージがあるので、見習わなければいけないところがいっぱいあると思います。やっぱり負けたくないなと思います。

早稲田でソフトしてたらかっこいいいよね!


ここまでをにこやかに振り返る伊藤

――話は変わりますが、皆さんは高校時代もソフトボール部でしたよね

川崎 廣瀬はボルタリング部でした。

廣瀬 登っていました。

――華麗な転身ですね

廣瀬 嘘だよ!(笑)

――話を本題に戻しまして、高校時代のソフトボール部での思い出を教えてください

川崎 インターハイで優勝させてもらって日本一を経験しました。うちらの代で(木更津総合高は)インハイ優勝していて、貴世(伊藤)の代で(千葉経大付高が)三冠取っているんですよ。勝っているといういい思いをさせてもらっています。

廣瀬 私は自分が2年になる年の選抜で優勝させてもらいました。

増田 全国大会出場ですかね。

川崎 でも高松南もすごく強くてたまたまインターハイの初戦で当たりました。すごい戦いの末に木更津(総合高)が制したという感じです。1—0で勝ったので。

増田 すごかったですよね。あの試合。

川崎 全員グラウンドの中で会ってきたという感じです。

廣瀬 グラウンドでは会っているけど対戦していないんですよ。

川崎 対戦していなかったりもするし、対戦したっていうのもあります。もちろんここ(川崎と伊藤)は県内で当たったりとか。高校の時は自分と伊藤の対戦もありました。三振取られた…。

伊藤 チェンジアップですよね。覚えています。

川崎 覚えていますね。そういうのは。高校は結構みんないい思いをしています。

廣瀬 この子(増田)はアンダー入っているからね。

川崎 全員ジャパン入っています。

――神選手(樹里乃、スポ4=北海道・とわの森三愛)は廣瀬選手が早大に来たから早大に来たとおっしゃっていました。そもそも廣瀬選手が早大に進学されたきっかけは何ですか

廣瀬 私は地元は静岡なんですけど、(高校は)北海道に行っていました。その先をどうするかとなったときに、行けるか行けないかは別として、「早稲田行けたらかっこいいね」って親子の会話をしました。駄目元で高校の時のコーチに聞いてみるかとなって、その話をさせていただきました。その時に神に「一緒に行く?行っちゃう?」って言ったら本当に来ました。自分が誘いましたね。「一緒に行けたらいいね」っていうのが現実になりました。

――増田選手はなぜ早稲田に進学されたのですか

増田 中学生の時に校長先生と進路の話をする機会がありました。まず高校どうするっていう話から普通はするじゃないですか。なのに、いきなり大学どうするってなって(笑)。中高一貫校でもないのに。「大学どうする?」って言われて、いきなり大学かって思ったんですが、「早稲田ソフトボールあるよ。強いよ」って言われて「早稲田でソフトしていたらかっこいいね!」ってなって早稲田に入りたいと思って頑張っていました。途中何回か親には「無理じゃないの?」って言われたりしたんですが、さっき話したように頑固なので「負けたくない」って言って「絶対に行く」って言っていました。そうしたら気がついたら合格させてもらっていて、ここにいる感じです。

(廣瀬は)なんかドラムみたい(笑)


真っすぐな性格だという増田

――話は変わりますが、皆さんの左隣の方の性格を一言でお願いします

川崎 (廣瀬は)騒がしい(笑)。なんかドラムみたいだよね(笑)。

廣瀬 (増田は)変。いい意味で裏切ってくるというか。思っていたのと違うなと。いい意味でですよ!いい意味で変です。頑固なときもありますし素直なときもありますし、なんかよくわからないときもあります。でもいい子です。

増田 (伊藤は)明るい、よく喋る。いろいろな話題でずっと喋りますよね。

伊藤 君もだけどね。

増田 ここそろったらほんとにうるさいんですよね。つられてなっちゃうんですよ。

廣瀬 近い。貴世(伊藤)はパーソナルスペースがないんですよ。

伊藤 (川崎は)楽しい。面白い。何をするにしても明るいです。

――試合前にやっている験担ぎなどはありますか

川崎 右足からスパイクを履く。中学生からずっとです。それをやらないと落ち着かないから全部右からという感じです。右足から打席に入るし右足からスパイク履くし。特に理由はないです。

廣瀬 移動時間が5分でも絶対に寝る。めっちゃ寝ています。5分でも、精神統一というか。

川崎 してないだろ。絶対。

廣瀬 寝ているだけなんですけどね(笑)。寝起きは悪いんですが、移動で目をつぶるというか寝るのは必ずやっています。会場に着いて少ししてから「よし」ってなります。それがあるからのハイテンションです。

――切り替えをしているということですね

廣瀬 そうです!

――お二方はいかがですか

増田 ピッチングの間に柔軟をするですかね。開脚をしています。突然やり始めます。

伊藤 当日はないです。当日じゃなくて前日に去年のインカレとかの雰囲気とかを思い出して、イメトレをしてから寝ます。よく大会前に調子が悪くなるので「絶対に大丈夫大丈夫」って自分に念じをかけて寝ます。

――皆さんは一緒に食事に行って、ソフトボールについて語ったりすることはありますか

廣瀬 全然あるよね。ご飯食べに行ったりもするし。この4人とかではないんですけど、いろいろなメンツで行きます。

川崎 誰とでも喋るもんね。

伊藤 ソフトボールのこと語り合わないで、怖い映画を見ちゃったりとかします(笑)。

川崎 ソフトボールの話はグラウンドでするので。そんな感じです。

――オンとオフがはっきりしているということですね

廣瀬 まあオフが多いけどね(笑)。

川崎 オフが多いけどオンもしっかりしています。

頂の景色を見る


インカレについて語る廣瀬と川崎

――インカレの組み合わせを見てどう思いましたか

川崎 激アツ。

廣瀬 激戦区だね。

伊藤 「勝ったら正真正銘の日本一だね」とは結構いろいろな人と話しました。「これで勝てたら今年の本物の日本一になれるね」って。

増田 当たるところが全部強いところなので。

廣瀬 順調に勝ち進んでいったら富士大と当たる可能性もあるので。日体もいるし。

伊藤 ほんとに激戦区ですね。

――インカレでの思い出は4年生のお二方はなにかありますか

川崎 私はずっと野手で出ていたので、それでいうとやっぱり2年前のインカレは自分も初めての出場のインカレで、その時は1番を打っていたので、(塁に)出なきゃ出なきゃっていうのがありました。この4年間の中では一番自分の中でピークだったので。その時の早稲田って結構打線が落ち込んでいたんですけど、その中で自分が一人で打ったりとかしていたので自分はインカレの中ではそれがいい思い出だし、そのイメージを持って今年も挑もうかなと思っています。

廣瀬 試合やる時ずっと雨なんですよ。1年生の時も次の日に持ち越しになったし、2年も降って、3年も降った。今年も雨なんですかね。雨予報が出ているので。それはすごく印象的です。自分も2年生の時に初めて出させていただいて、その時も富士大の時に貴世(伊藤)が投げた後に抑えとして投げさせてもらったんですが、自分が点を取られて負けたので、そういう悔しさが芽生えたは2年の時ですかね。そのリベンジじゃないですけどその悔しさを全部、集大成でぶつけたいです。

――インカレ前の練習で意識していること

川崎 最近は7回の裏の守りとか攻撃を意識してプレッシャーのかかる練習をしています。攻防というのを。バッターとしては打てればうれしいけど、その分守備としては反省が残るのでお互いがプレッシャーをかけ合う練習を意識してやっています。

――川崎さん、廣瀬さんは最後のインカレでやり遂げたいことは

川崎 野望でいうと私はまだ大学で1本もホームランを打っていないので、インカレで打てたらなと思っています。これだけはというのだと打っときたいです。0本は嫌だ。

廣瀬 やっぱ上には行きたいですね。勝ってないので。去年は特に1回戦で負けてしまっているので。1回勝ってもその次負けているというのが多いので、1戦1戦なんですけど、まずはベスト8以上を目指したいです。頂点から見たいですよね。

――4年生と試合をするのはインカレが最後となりますが、いかがですか

伊藤 悔いなく終わりたいなと思います。

増田 先輩たちが笑顔で終われるようにサポートしたいなと思います。

――最後にインカレに向けて意気込みをお願いします

増田 一戦必勝。

伊藤 完封で。

川崎 勝ちます。ほんとに勝つことだけを考えて。

廣瀬 頂の景色を見る。

一同 かっこいいー!

――ありがとうございました!

(取材・編集 篠田雄大 望月清香、写真 望月優樹)


個性豊かなバッテリー陣がインカレでも相手打者をほんろうします!

◆川崎楽舞(かわさき・らぶ)(※写真中央左)
1997(平9)年4月30日生まれのO型。156センチ。千葉・木更津総合高出身。スポーツ科学部4年。捕手。今回はバッテリー中心の対談でしたが、打者としても主にクリーンナップを任され、勝負強い打撃が光る川崎選手。持ち前の明るさと、攻守にわたるハッスルプレーでご自身最後の大会でも、チームを引っ張っていってくれることでしょう!

◆廣瀬夏季(ひろせ・なつき)(※写真中央右)
1997(平9)年8月21日生まれのB型。161センチ。北海道・とわの森三愛高出身。スポーツ科学部4年。投手。投手陣の大黒柱として背中だけではなく、試合中の声出しなどを積極的に行っている廣瀬投手。チームメイトいわく、日常会話の中に四字熟語を使うことが多いそうです。そんな実直な彼女が、インカレでも圧巻の投球を披露してくれるでしょう!

◆伊藤貴世美(いとう・きよみ)(※写真右)
1999(平11)年2月4日生まれのO型。164センチ。千葉経大付高出身。スポーツ科学部3年。投手。七色の変化球を持つ伊藤投手は、インタビュー中常に手元のタオルを折りたたみながらお話しされている姿が印象的でした。投球のみならず、普段からも繊細さを見せる彼女がインカレ優勝へと導きます!

◆増田侑季(ますだ・ゆうき)(※写真左)
1999(平11)年6月29日生まれのA型。165センチ。香川・高松南高出身。スポーツ科学部2年。投手。特に伊藤投手との仲の良さが際立った増田投手。剛速球が持ち味で、川崎捕手も、「投げるだけで相手をビビらせられる」と大絶賛。そんな投手陣の末っ子が、インカレにおいてキーパーソンとなることは間違いなしでしょう!