警戒したいと話していた選手に決勝点を奪われた

まさに電光石火の逆転劇だった。序盤は攻撃の要・江原の得点や主将・天野のファインセーブなどで昨年の学生王者相手に一進一退の攻防を見せる。試合が動いたのは中盤の3Q。エース・立石の3得点などで慶大が主導権を握り、2点リードで終盤に持ち込む。観客の多くが慶大の勝利を確信していたが、ここで意地を見せたのが早大主将の青木。残り1分から2点を奪い、土壇場で同点に追いつかれる。サドンビクトリーでも早大の勢いは止まらず、最後は「注意したい」と話していた早大の13番に決勝点を決められ敗戦。3年ぶりの早慶戦勝利は叶わなかった。