TEAM
高 校
大 学
(大)森下暢、早川、村上、内間、佐藤隼、山﨑、吉田、伊藤―海野、古川

 大阪代表・履正社高が悲願の初優勝を飾った夏の甲子園。そのわずか4日後、今度は大学野球の聖地である神宮球場にて高校日本代表と大学日本代表の壮行試合が行われた。高校、大学それぞれのトップ選手が集うこの試合。早大からは0.00が出場した。


試合前、チームメートと笑顔でハイタッチを交わす早川(中央)

 0-1で迎えた3回表。早川は先発・森下暢仁(明大4年)の後を継ぎマウンドに上がった。千葉・習志野高と同・拓大紅陵高の吹奏楽部が高校日本代表の応援に駆け付けたこの試合。千葉出身の早川は「高校生に戻った気分になった」と懐古しながらも、大学生たる投球を見せつけた。先頭を外角低めの直球で遊ゴロに打ち取ると、次打者はチェンジアップでタイミングを外し空振り三振に切る。2死として迎えるは、プロ注目の好打者・森敬斗(神奈川・桐蔭学園)。内角への直球で完全に詰まらせバットをへし折ったものの、ここは森の足が勝り二塁への内野安打に。それでも「(きょうは)真っすぐで攻め切った」と、続く左打者には外角へ直球を3球投じ空振り三振。涼しげな表情で自身の役目を務め上げた。


直球中心の投球を展開した早川

 試合はその後、白熱したシーソーゲームとなり引き分けに終わった。これでひとまず大学日本代表チームは解散し、各選手はそれぞれの大学へと活躍の場を戻す。早川も、来月14日に開幕する東京六大学秋季リーグ戦に向けた準備がいよいよ本格化する。「照準はもうリーグ戦。リーグ戦に向けてしっかりやっていければ」。春3位に終わった悔しさをバネに――。必ずや大学日本代表左腕が8季ぶりの栄冠へと導いてみせる。

(記事 石﨑開、写真 望月清香、荻原亮)

 

早川の投手成績
名前打者球数
早川隆久140.00
コメント

早川隆久(スポ3=千葉・木更津総合)

――接戦となりました

高校生相手に(接戦となってしまった)ということでしたし、自分たちが負けたような展開だったので。悔しいというか正直、恥だなと。ただ球場全体が高校生(を応援する)ムードという中で、このようなアウェーというか逆境の雰囲気を乗り越えていかないといけないと思うので、その点に関してはいい経験ができたと思います。

――早川選手は3年前、高校生日本代表として壮行試合に出場されました。そして今回は大学生日本代表としての出場でした

高校の時は自分が習志野(高校)さんの応援をしてもらって、今回は(習志野高の吹奏楽部)が相手で。自分が投げている時に(習志野高の)応援が流れるというかたちだったのですが、その辺は楽しみながら投げることができたと思います。

――地元・千葉の懐かしさを感じたと

そうですね。高校生に戻った気分になりました。自分は高校生の時に習志野さんと対戦したことがなかったので、これが(習志野高の応援を聞く)ラストチャンスかなと思って、楽しんで投げました。

――真っすぐで空振りを奪う場面が目立ちました

真っすぐに対して高校生が振れていないということは知っていたので。どんどん真っすぐで押していこうという話だったので、真っすぐで攻め切ったという感じですね。

――森敬斗選手(神奈川・桐蔭学園)のバットを折った内角球も真っすぐでしょうか

真っすぐですね。インコースを完全に詰まらせてバット折ったので、いいボールだったかなと思います。

――28日には全早慶戦が名古屋で行われます

今週はタイトなスケジュールなので、そこはしっかり体の調整もしながら。照準はもう(東京六大学秋季)リーグ戦なので、リーグ戦に向けてしっかりやっていければなと思います。