ソニーは、激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO(ニスノ)-100」の支援募集をソニーのクラウドファンディングサイト「First Flight(ファースト・フライト)」にて開始した。

「NYSNO-100」は、スマートフォンなどを介さずに、耳に装着するだけで離れた場所にいる仲間と会話できるウェアラブルコミュニケーションギアだ。スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム/SSAP)」のオーディションを通過した案件で、事業化に向けて準備を進めている。

2者間通信距離は、最長約500m。ソニー独自の「グループトーク」機能を搭載しており、スポーツをしながら最大3名で会話できる。耳を塞がずに周囲の音が聞こえるアンビエントイヤーピースや、風切音を軽減する内蔵マイクなどを搭載。海水に対応した防水性能や防塵、耐衝撃、耐低温性能を備えている他、スノースポーツやサーフィン、マウンテンバイクといった激しい運動でも外れないイヤーハンガーが付いている。

価格14,000円(税込)~。クラウドファンディング終了は、9月26日(木)を予定している。

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」

激しい運動に対応するウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」