毎年恒例の硬式野球部ルーキー特集。今年も全国からトップレベルの選手が入部してきた。その中でも活躍が期待される注目の選手を全8回にわたって特集する。

 自慢の長打力が持ち味だ。岡山県が誇る強豪・創志学園高出身の岡本伊織内野手(商1=創志学園)。春季リーグ戦では1年生ながらも6試合に出場。神宮での安打はまだないが、大事な場面での起用もあり、将来が嘱望される。高校時代の猛練習で得た自信を糧に、秋季リーグ戦での飛躍を目指す。

 「自然と野球をしていた」。親の影響で小学校1年生の頃より野球を始める。当初所属していたのは、地元の軟式野球チーム。他のリトルと比べて、バリバリに練習をするというよりも、みんなで黒土の上で寝っ転がったりするような遊びに近いチーム。とにかく遊びのように、とにかく楽しく。しかし、その中でますます野球に惹かれるようになった。強豪校出身の選手は、中学時代から硬式野球を始めている人が多い中、岡本は珍しく中学校の軟式野球チーム上がり。中3次にキャプテンに任命されると、練習メニューも主体的に考えるように。春の選抜では、県で優勝するほどのチームにまで作り上げた。しかし、迎えた最後の大会。チームに貢献ができない。結果はベスト8で敗退。最後の最後に実力を発揮することが出来なかった。

 「お前は田舎もんだから、垢抜けた選手にならないかん」。長沢宏行氏(創志学園高硬式野球部監督)から掛けられたこの言葉が決め手となり創志学園を選ぶ。高校時代は、特に打撃面に力を入れる。チームメイトからも頼りになる打者として信頼を獲得。しかし、高校3年次の春から夏にかけて不調が続く。夏の大会に向けチームがまとまっていく中、なかなか調子を上げることができない。大会中、打率は約3割。決して悪くはないが、頼れる打者であっただけに満足がいかない。「不完全燃焼だった」。中学時代と同様、最後に力を出し切ることが出来なかった。

 

粉骨砕身で培った力を発揮する

 「人間的に成長したい」。岡本が明大を志したのは、明大野球部に代々受け継がれている“人間力野球”に惹かれたからだ。自分はセンスがあるわけでも、才能があるわけでもないと思い悩んだことも。だからこそ、精神的に、人間としての成長を切望。技術面の成長も目指し、誰よりも努力を積み重ねて来た。好きな言葉は「野心」。高みを目指す、満足していない感じに惹かれた。まずは明大の中軸打者へ。粉骨砕身し、次こそ有終の美を飾る。岡本の飽くなき向上心は止まらない。

[下神大生]

◆岡本 伊織(おかもと・いおり) 商1、創志学園高、178センチ・85キロ、右投げ左打ち、三塁手

高校2年次のセンバツでは、代打出場で三浦銀二(法大)から安打。無我夢中で「何も覚えていない」。神宮では大胆に球を捉える姿に期待したい

次回にルーキー特集は8月27日(火)渡部翔太郎投手(総合1=千葉黎明)です。お楽しみに!