「2019 第48回サマーエンデュランス『BHオークションSMBC鈴鹿10時間耐久レース』」の冠スポンサーになっている、BHオークション。オークションに出品されるような、貴重なレーシングカーも会場に展示され注目を浴びていた。

BHオークションとは、ここ最近聞くことが増えたと思うが、クラシックカーなど貴重な車両のオークションを行っている。東京オートサロンで行われたオークションで、貴重なレーシングカーが高価で買い取られていくのをみて、興奮された方もいるのではないだろうか。

そんなBHオークションは、11月に鈴鹿サーキットで行われるSUZUKA Sound of ENGINEや、同じく11月に富士スピードウェイで行われる、SUPER GT×ドイツDTMの特別交流戦にオークションを行う予定だ。現在、両オークションに対して、出品や入札者の募集を行なっている。その告知として、1979年製BMW 『M1 Procar』、日産『スカイラインGT-R(KPGC10)』、1977年製ポルシェ『953 K3』の3台が展示された。レプリカの車両ではなく、実際にレースを走った貴重な車両ということで多くの人が気にしていた。

この車両が実際にオークションに出品される予定ではない。