新潟2歳ステークス
タイムマシン

 初戦は好位から伸び切れず3着に終わったタイムマシン(牡2、手塚)だが、2戦目となった前走でガラリ一変。メンバー最速の上がり(3F33秒8)を使って豪快に差し切ってみせた。引き続き新潟の外回り1600メートル戦でタイトル獲得なるか。

【新潟2歳S】モーベット 関東のエース格

手塚師「相手強化でどこまで」

 手塚調教師は「前走の疲れも取れていい気配。今週もしまい重点でいい動きでした。一戦ごとに若さが抜けて反応が良くなってきましたし、相手強化でもどこまで」と見通しを語った。