障がいのある人もない人も一緒に楽しむスポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート2019」がボランティア、かけっこ教室、ノーマライズ駅伝、障がい者ファッションモデルの募集を開始した。

「スポーツ・オブ・ハート」は、障がい者アスリートやアーティストの凄さや魅力を発信し、社会的な知名度の向上を目指すプロジェクトだ。7回目となる今年は、9月27日(金)、28日(土)に恵比寿(東京)、10月11日(金)~13日(日)に大分で開催。みんなで参加できるイベントを実施する。

今回募集するのは、東京・恵比寿でおこなわれる「スポーツ・オブ・ハート2019」のボランティア、細野史晃のかけっこ教室、ノーマライズ駅伝ランナー、大分市でおこなわれる「スポーツ・オブ・ハート2019in大分」のボランティア、障がい者ファッションモデル。ボランティアは、スポーツアトラクションのヘルプ、公式パンフレット配布、誘導、SNSサポーターズなど、イベントに関わる様々なことを行う。各募集の詳細は、公式サイトにて告知中だ。

「スポーツ・オブ・ハート2019」は9月27日(金)、28日(土)開催。会場は、恵比寿ガーデンプレイス、渋谷区立加計塚小学校、周辺道路。「スポーツ・オブ・ハート2019in大分」は10月11日(金)~13日(日)開催。会場は、JR大分駅前広場、(仮称)祝祭の広場、中央通り、近隣小学校、ほか。

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始

スポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート」がボランティア、ノーマライズ駅伝等の募集を開始