<写真・相手と組む上> 

 8月23日、東京都駒沢体育館にて2019年度全日本学生レスリング選手権大会が行われた。きょうはグレコローマンスタイル2日目。関学からはきのう残留を決めた上(人2)が出場した。3回戦の相手は全日本選抜選手権でベスト8に入った神奈川大の北條。序盤から攻められ、一瞬の隙からローリングに持ち込まれてしまう。なんとか、逃げ切るも相手のペースを崩すことはできず。テクニカルフォール負けとなり、ベスト16で今大会を終えた。

 次戦は10月25〜27日、大阪府堺市金岡公園体育館にて西日本インカレが行われる。

【きょうの試合結果】

・3回戦

72キロ級

上 テクニカルフォール負け

試合後のコメント

きょう3回戦に出場した上「きょうの相手が強いということはわかっていた。『やってやろう』という気持ちがあったが、自分の展開に持ち込むことが難しかった。攻め切れず、守り切ることもできなかったのが敗因。だが、強い相手と試合ができたのはいい経験になった。全国ベスト16という結果も素直にうれしい。次の西日本インカレに向けても頑張っていきたい」