文=丸山素行 写真=鈴木栄一

「意識の高い選手だけが残る」

9月のアジアカップでの4連覇を目標に掲げるバスケットボール女子日本代表は、来年の東京オリンピックでの金メダル獲得も見据えつつチーム強化を進めている。アジアのトップに君臨しながら世代交代も抜かりなく進めており、チームには多くのフレッシュな戦力が加わっている。当然ながら経験不足の面もあるが、長らく主力として代表を引っ張りキャプテンを務める髙田真希は「経験している選手が引っ張っていかないといけない。そういった選手がもっとやることで、下の選手もやらなきゃいけないんだと常に意識することに繋がります」と語る。

指揮官のトム・ホーバスはスモールバスケットでアジアを制し、世界でも大きな波乱を巻き起こそうとしている。若手に対しても求めるレベルは極めて高い。若手にとっては苦しい合宿だろうが、髙田もそこに理解を寄せる。「今はいっぱいいっぱいなところもあって、全部が全部できるわけじゃないのは理解しています。とにかく言い続けることが大事だと思っています」

だが、甘やかしてばかりはいられない。代表合宿はサバイバルレースでもあり、厳しい競争がチームの底上げを促す。「今できる子もいれば、同じ立場になってから分かる子もいますが、最終的には意識の高い選手だけが残る」と、髙田は総括した。

「結果を残せば、その分注目してもらえる」

今は男子日本代表のワールドカップ参戦を前に、日本バスケ界はかつてない盛り上がりを見せている。こうした人気を受け、3人制と5人制それぞれ男女の代表チームから選手も参加した『日本一丸 Tip Off Party』が開催され、ここには髙田も参加した。

そこで、男子代表の篠山竜青は「日本のバスケットボールは、女子がずっと世界の強豪国として引っ張ってくれた」と話した。髙田はその言葉を聞き、「そういう風に見てもらっていたんだなって、単純にうれしかった」と語った。

今の盛り上がりは八村塁のNBAドラフトがきっかけ。それでも、篠山が言うように国際大会で実績を残してきたのは女子であり、もっとスポットライトを浴びてもいいはずだ。髙田も「そういう気持ちはなくはないです(笑)」と肯定する。

「どのスポーツも、女子のスポーツはなかなか注目されにくいです。なでしこ(女子サッカー)が世界一になりましたけど、男子と比べると違うものもありますし。でも選手としては、結果を残せばその分注目してもらえると思っています。自分たちはまだ世界レベルでメダルを取ったことがないので、まずはメダル獲得が何よりも重要だと思っています」

単発ではなく継続することが大事、と髙田は続けた。「メダルを取ることができれば、間違いなく波が来ると思います。そして、一回だけじゃなく次の世界選手権、次のオリンピックと継続していきたいです」

注目を浴びている今だからこそ、確固たる結果を残したい。そうすれば、このバスケ熱はさらに大きな炎となるはずだ。多くの期待を背負い、髙田の挑戦は続いていく。