悲願の頂へ上り詰める。昨年度は2種目で優勝を果たしたトラックで2位、ロードでも優勝者を出したものの、惜しくも総合2位で戦いを終えた明大自転車部。今年度の目標は総合優勝。少数精鋭のレーサーたちがどのような戦いを見せるのか注目だ。 

 第1回はチームスプリントに出場予定の3選手に、大会に向けての意気込みを語ってもらいました。(取材は8月7日に行ったものです。) 

☆荒川仁(政経3=千葉経大付)☆

出場予定種目:スプリント、1キロメートルタイムトライアル、チームスプリント 

――昨年のインカレを振り返っていかがですか。 

 「昨年はスプリントでやらかしてしまったので、今年はしっかり優勝してポイントを稼いで、チームスプリントで2連覇したいなと思っています」 

――上半期の大会を振り返っていかがですか。 

 「春はナショナルチームの練習で大会に参加できていなかったので個人戦が一番最初の大会だったんですけど、思ったより走れていて昨年よりもスプリントの対戦技術というものも上がってきていたので感触的にはかなり良かったです」 

――ナショナルチームと部活の違いは感じますか。 

 「ナショナルチームはしっかり計算された練習で質も量も全然違います。向こうの方が確実にキツい練習です。今回の(合宿での)バイクの練習メニューも伊豆でやっているようなものを取り入れていて、練習面でも部に還元できているのではないかなと思います」 

――インカレでの目標と意気込みをお願いします。

 「全種目優勝ですね。昨年はスプリントを失敗してしまったので、しっかり優勝してチームスプリントも2連覇目指して頑張りたいなと思います」 

☆甲斐俊祐(営3=別府商)

出場予定種目:1キロメートルタイムトライアル、タンデム・スプリント、チームスプリント 

――体のコンディションを含めた現在の状態はいかがですか。

 「いいか悪いかで言えばよくはないですね。体の調子っていうか暑さが嫌で。今慣れるっていうところかと。去年に比べればいいですけど、今からって感じですかね。(暑さは苦手)去年熱中症をやっていて。今年それだけは避けようと思って水がぶがぶ飲んでいるんですけど、暑いですね。体に力が入らないとかそういう感じで合宿は終わりました」 

――インカレと他大会への気持ちの違いなどはありますか。

 「インカレはやっぱり1番大きい大会だと思うし、日ごろお世話になっている先生とか監督とかに恩返しをするために、走る試合だと思ってるので。他の大会だと、自分の好きなのを走ろうみたいな。けどインカレは、その種目いけっていわれたらそれを頑張るという感じですね」 

――インカレでの目標は。 

 「1キロはとりあえず8位以内ですね。タンデムは優勝。チームスプリントは決勝に乗ることですね」 

――最後に意気込みをお願いします。 

 「学校に貢献できるように頑張りたいと思います」 

☆塩島嵩一朗(法2=南大隅)☆

出場予定種目:ケイリン、チームスプリント 

――入学してからここまでいかがでしょうか。

 「自分で考えることによって成績が凄く伸びていくっていう実感が良かったですし、結果として1年生のインカレで優勝できて、その後の全日本選手権でも先輩方と走れて優勝できたのですごく満足しています」 

――高校との違いは何でしょうか。

 「やはり競技力の違いが最初に戸惑うところでした。あと、自転車で使うギアの制限が大学になると無くなるので、周りの選手や先輩方が踏めるギアを自分は踏めないという場面があって困惑することがありました」 

――制限が無くなって走り方は変わりましたか。

 「今の時代は重いギア勝負なので、高校生から上がってきていかに早く重いギアを踏めるようになるかっていうのを重視しています。自分はそのギアを踏めるように普段の練習ではかからない負荷をかけるようにしていて、最近ではウエートトレーニングを重視して取り組んでいます。効率よくウエートトレーニングすることで、どんどん重いギアを踏めるようになってきてるので、一番重視しています。自分は効率を重視していて、筋肉の部位によって2日に一回だったり3日に一回だったりと変えています。ウエートトレーニングをしていると自分の実感にもつながりますし、自分の成長が目に見えて分かるのでモチベーションが上がります」 

――インカレでの具体的な目標は何でしょうか。 

 「インカレは去年もチームスプリントで優勝していて、今年も優勝して2連覇目指したいです。あと自分は個人種目でケイリンにでるので、表彰台を目指して頑張りたいです」 

――3選手とも、ありがとうございました!

◆文部科学大臣杯 第75回全日本大学対抗選手権◆ 

トラック:8月24~26日(松本市美鈴湖自転車競技場 333.33m) 

ロード:9月1日(長野県大町市美麻地区 公道周回コース1周13.4km) 

[自転車部担当一同]